コラム・エッセイ

全てのコラム一覧はこちら

特集・投稿記事

トピックス

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報

ニュースアーカイブ

2007年5月24日

ビジネス英語にはディベートとスピーチ訓練が必要 −IIBC調査
English Skills Requirements for Business Person −IBCC Survey

財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC東京都千代田区、渡辺弥栄司会長)は、昨年10月から11月にインターネット上で実施した「国際ビジネスにおいて求められる英語力に関するアンケート」の結果を公表した。

これは、IIBCが25歳以上のTOEICインターネット・サービスID登録者などを対象に行ったもので、回答者(有効回答7,044)の85%以上が民間企業に勤務し、88.5%が年間1〜5回海外に出張するなど、国際ビジネスの経験者が多い。

調査によれば、職務で英語が必要となるのは、「聞く・話す」では「電話」を挙げる人が70.9%で最も多く、「読む」、「書く」ではEメールを90%以上の人が必要と回答した。「日本人が国際交渉を行うのに必要な英語力」について、TOEICのスコアでは、「900点以上」と回答した人が最も多く25.8%、以下「800点以上」(23.7%)、「850点以上」(19.0%)となっている。

今後10年で職務上必要となる英語の能力について、「聞く・話す」が「今より一層必要」と思う人は74.3%で、「読む」(56.1%)、「書く」(58.5%)よりも多かった。また、国際ビジネスに必要な英語力向上のための解決策としては、「学校教育でディベートやスピーチの訓練を行う体制の整備」を45.8%の人が「非常に必要」と考えており、「小学校で英語を導入し、小中高大と一貫したシステムを構築」を「非常に必要」と考える人は19.2%だった。
国際ビジネスにおいて求められる英語力に関するアンケート調査結果について

« トヨタ社長、任天堂専務がTIME誌「世界で最も影響力がある100人」に選出President of Toyota and Executive of Nintendo Named in the Time 100 for 2007 | Main | アルクのeラーニングシステム、300機関以上で導入ALC’s e-learning System Installed in more than 300 Schools and Companies »


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

Recent Headlines