コラム・エッセイ View All Columns

ストップウォッチで大学英語教育

受講生はカスタマー!受講生のやる気と関心を持続させ、知的喜びを提供する度 合いが教員の評価基準です。常に新しい教授手法にチャレンジしています。

北欧で感じた実用英語力

コラム

2009年09月02日

スウェーデンとフィンランドで感じた実用英語力
8月20日から30日まで、スウェーデンのストックホルムとフィンランドのオウルに滞在していました。そこで感じた実用英語力向上の秘密を探ってみます。

耳から入る英語の重要性
スウェーデン人とフィンランド人の英語力は非常に高いように思えました。高等教育を受けた人が仕事で英語を使いこなせるだけではなく、キオースクの店員、小さな地下鉄の駅の駅員、バス停でバスを待っている学生さんらしき人など、いたるところで英語が通じます。”Excuse me. Would you tell me …..”と突然英語で尋ねても、物怖じすることなく、英語で対応してくださいました。

スウェーデンにはエリクソン、フィンランドにはノキア社など、高い技術力をもった世界的に有名な企業もあります。昨今の厳しい経済情勢下においても、両国は国際競争力の高い国として注目されていますが、その要因のひとつが高い教育水準だといわれています。

両国民の実用英語力が高いことに関して、この公式の教育を補完しているものとして、「家庭教育環境」の重要性を指摘できると思います。「家庭教育」といっても、夜遅くまで塾に通わせたり、家庭教師をつけたり、英会話熱が異常に高まったり、といったことではありません。テレビの力です。
スウェーデンでは、多くのテレビ番組は英語で放映されており、スウェーデン語の字幕付だが、吹き替えはありませんでした。子供のころから英語のシャワーに浴びることができるというすばらしい環境にあるのです。スウェーデン人の大学教員に尋ねると、英語番組がスウェーデン人の実用英語力向上に与えている影響は大変大きいとのことです。

20数年前、大学に入学した際、音声多重チューナー付ビデオデッキを中古で購入したことと、大学の先輩から短波ラジオを格安で譲っていただいたことを今でも覚えています。当時はCNNや衛星放送もなく、ようやく二カ国語放送番組がちらほらと出てきたころであり、音声多重チューナーがあれば、夜6時のニュースや映画を英語で聴くことができました。音声多重チューナーも高価なものだったので、学生で持っている人も少なく、大学の同級生が小生の家にやってきて、一緒に英語でテレビ映画を鑑賞することもありました。また、短波ラジオを使って、VOA(ヴォイス・オヴ・アメリカ:アメリカの国営短波ラジオ放送局)のニュースを毎晩聴いておりました。
「聴く力」は英語の4技能の中でもなかなか向上しない技能ではないでしょうか。子供のころから、英語の音に耳を慣らしておくことが重要だろうと思います。同時に、映像をみることによって、無意識のうちに英語を母語とする社会の様子も把握するようになります。たとえば、ニューヨーク市を舞台にした刑事ドラマは人気テレビ番組のひとつですが、それを見れば、アメリカの都市でのピザ屋さんの雰囲気や、郵便ポストがどのようなものであるのかを知らず知らずのうちに理解しているように思います。日本のタクシーしか乗ったことがなく、「タクシーというものはこういうものだ」という観念をもっている人がニューヨーク市でイエローキャブに乗車すれば、そのあまりの相違にショックをうけることでしょう。でもテレビドラマではタクシーの外観、運転手の様子などもよくでてきますので、日本のタクシーとはかなり異なるということもよくわかります。このように、テレビからは英語を聴く力の向上だけではなく、その言葉が話されている社会の様子を垣間見ることができるという副産物もあります。

日本の一般テレビ放送ではまだまだ英語放送は少ないように思えます。ただし、昨今、日本でもケーブルテレビなどを利用すれば、CNNや英語放送番組を多くみることができます。インターネットを活用すれば、英語放送も簡単に聴くことができます。このような機会を活用しながら、耳を英語に慣らしていくことも重要なことだと思います。街角で突然英語で話しかけられても淡々と応えることができることを目指しましょう!



« 受講生はカスタマー | Main | 中学英語を見直そう! »


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報