コラム・エッセイ View All Columns

英語教育エッセイ

国内外で活躍する英語教育業界関係者によるエッセイコーナー

「音読」こそがすべての基本
―音読指導で生徒の英語力を向上させるためのQ&A

2009年11月04日


京都外国語大学教授
鈴木寿一
Suzuki Juichi


「入試で課されない音読の指導はやめるように先輩教員から言われて困っています」、「入試に関係ないと言って、音読練習中に内職をする生徒がいます」、「音読はなぜ必要なのですか」、「同僚は音読をほとんどしないため進度が速いのですが、音読をしないで、どんどん教科書を先に進めるほうがいいのでしょうか」など、音読に関わることだけでもいくつもの悩みや疑問を、教員になった教え子たちや研究会で知り合った先生方から聞きます。そこで、本稿では、心理言語学、脳科学、そして現場での教育実践などの研究成果に基づいて、先生方がお持ちの音読指導に関わる疑問や悩みのいくつかに回答させていただきます。
英語教育の最新版
「英語教育」2009年11月号(大修館)
目次はこちら
定期購読はこちら
From "The English Teachers' Magazine" November 2009 Vol. 58 No. 9 (Taishukan)

Q1:なぜ授業で音読指導が必要なのか?

この問いに答えるために、まず、これまで心理言語学研究で明らかになったことを簡単に述べます。文章を黙読して理解するまでには、眼球による文字知覚後、①その文字の塊(単語)を長期記憶内のスペリング情報と照合し、その単語が検索され、②単語を頭の中で発音(音韻符号化)する、③その単語の意味を想起する、という順序で単語認知が行われます。ここまでは低次処理過程(ディコーディング)です。次は高次処理(文章理解)過程で、統語、意味、スキーマ、談話などの各処理が行われて文章の意味を理解します。

②の音韻符号化は、母語でも外国語でも、黙読時の文章理解に不可欠であることを心理言語学は明らかにしています(門田、2007)。一方、脳科学は、音読時に活性化する言語理解を司るウエルニッケ野と言語産出を司るブローカー野が黙読時にも活性化すること、つまり脳内での音韻符号化の存在を示す直接的証拠を提出し、心理言語学の研究成果を支持しています(川島、2003)。

また、人が文章を黙読して内容を理解する際の注意資源には限りがあることもわかっています。熟達した読み手(母語話者や上級外国語学習者)は、①~③を瞬時に行えるほど、その処理が自動化しているので、ほとんどの注意資源を文章の内容理解のために向けることができ、内容をスピーディに正確に理解できます。しかし、母語話者でも小学生などの熟達していない読み手や、中学生や高校生のような初級外国語学習者の①~③は自動化しておらず、注意資源のかなりの部分が低次処理に使われ、文章理解(高次処理)がスローで不正確なものになるのです。脳科学からの説明は本号の溝畑先生の記事(p.17)をご参照下さい。

文章理解には①~③の処理が高速に行われることが不可欠で、音読はそれを可能にします。音読によって、スペリングと発音の結びつきを強化するとともに、学習した語彙や文法などを内在化でき、また、ワーキングメモリーも鍛えることができます。その結果、文章理解の低次処理と高次処理が高速化して文章理解力と発表能力の基礎ができあがるのです。以上のような理由で、音読は外国語としての英語学習に必要不可欠なのです。

Q2:音読指導で英語力は伸びるのか?

伸びます。ただ、多様な方法で大量に行うことが必要です。Miyasako(2008)は授業時間の4分の1から3分の1を音読指導に充てた結果、内容理解テストの得点と理解を伴った黙読速度の向上を報告しています。宮迫氏は一連の研究で、音読力が全般的な英語能力と相関があることや音読力が向上すると英語力が向上すること、特に成績下位の生徒の伸びが大きいことを実証しています。(詳細は Miyasako(2008)の参考文献を参照)

本誌2009年2月号の拙稿でも紹介しましたが、2回程度の音読指導クラスと大量音読指導クラスを比較したところ(対象は高校1年生と3年生)、リスニング力と理解を伴った黙読速度で後者のほうが有意に向上しましたし(鈴木、1998)、日を置いて繰り返し音読練習を行うと、英語力に関係なく新出表現の定着と読んだ英文の要約に効果がありました(七野、2006、高橋、2006、高橋、2007)。

音読は単語認知の自動化と語彙や文法の内在化を促進し、4技能の向上に効果を発揮します。

Q3:音読指導で入試に対応できるか?

対応できます。最も有効な対策と言っても過言ではありません。科学的な根拠はQ1で述べましたので、ここでは、教育現場での実践研究の結果だけを略述します。鈴木(1998)と安木(2001)は、多様な方法で大量に音読指導を行うと、形式的に1~2度音読指導を行った場合に比べて、センター試験模試や本番の得点、記述模試の得点が統計的に有意に高くなることを実証しています。多様で大量の音読練習が文法や語彙の内在化、リーディングにおける低次処理の高速化、より多くの注意資源の高次処理への充当を可能にし、文章の意味理解が進んで、入試の読解問題でも、他の問題でも、より高い得点が取れるのです。

Q4:「音読に適した教材」のみ音読させるべきか?

答えは「いいえ」です。「音読に適した教材」として、会話文、物語、詩などが挙げられ、適切でない教材として、大学入試で出題される論説文などが挙げられることが多いようです。確かに、音読の基礎トレーニングには前者が適切で、後者は適切でないかもしれません。しかし、書きことばは音声言語から生じたもので、論説文に限らず、どんな文章でも、筆者が何らかの目的を持って、頭の中で音声化したことばを書き記したものですから、音読に値しない文章などないと筆者は考えています。また、外国語の場合は文法や語彙の習得は黙読だけでは自然には起こりませんが、音読はそれを可能にします。特に大学入試の英文や日常会話レベルを超えた内容のある話しことばを理解するためには、語彙力や文法力が必要です。それらを強化するためにも、教室で教師が指導する精読や精聴用の教材の英文は、会話文、詩、物語文に限らず、論説文でも、生徒に音読させる必要があります。

また、高校では入試を意識して生徒の学力レベルよりかなり高いレベルの教材が使われ、単に読ませて問題を解かせ、和訳や説明だけで、音読指導がない授業が多いようですが、両者のギャップを埋めるためにも何度も音読させ、和訳が課された箇所は特に徹底的に音読させると、そこで用いられている、まだ十分に身についていない語彙や構文の理解を促進し、定着させることができます。そして、その英文の日本語訳を英語に直す復文練習とその後の自己添削は、大学入試の和文英訳問題に対する効果的な対策となります。

Q5:音読指導は授業のどこで行うべきか?

内容理解後と次の授業の最初に復習として行うのがいいです。内容理解前の音読指導は、「発音とスペリングの結びつけと、これから読む英文の内容理解」が目的であると思われますが、効果的とは言えません。1度や2度の音読だけでは発音とスペリングの結びつけが進まないのは、生徒にモデルなしで音読させると、まともに音読できる生徒が少ないことからもわかります。

では、教師の後について音読することで内容理解は進むでしょうか。筆者の勤務校の英語専攻の1回生に対して高校1年レベルの英文を筆者の後について1回音読させてから日本語で要約させた場合と、筆者の朗読を聴きながら英文を2回黙読させてから日本語で要約させた場合では、後者がリスニング2回に対して、前者はリスニング1回、リピート1回の計2回で、英語に触れた回数は同じですが、要約の出来具合は、前者のグループより、後者のグループの方が優れていました(p<0.01)。この結果は、内容理解前の音読は英文の内容理解を進めないということを示しています。言い換えれば、日本人英語学習者の場合、少なくとも大学1回生より下の高校生や中学生の多くにとって、音読することと意味を理解することを同時に行うのは難しいということです。音韻符号化が自動化していない学習者にとって、音読と意味理解はどちらもきわめて認知的な活動であるため、同時にそれを満足に行うことはできず、内容理解後の音読に充てる時間が減って逆効果になります。

スペリングと発音の結びつけと意味理解を同時に行うには、まず、教材の英文の内容に関する質問を1、2問ずつ与えて、教師が句や節単位にポーズを入れて朗読して聴かせながら、何度も黙読させて内容を理解させます。この手法は、自力で頭の中で音読することが十分できない学習者を支援し、スペリングと発音の結びつけにも役立ちます。同時に英文の内容理解を助けますので、時間の節約にもなります。

また、脳科学は、音読を2分間した人は、しなかった人に比べて、直後の記憶作業が20%向上することを明らかにしています(川島、2003)。したがって、授業の最初に前時に指導した英文の音読指導を行うことは、英語授業へのウォームアップと復習を兼ねることができて一石二鳥です。また、指導したその日だけ音読指導をするより、次の授業の最初に音読指導をもう1度行うことは分散学習になり、効果が大きいのです。


音読指導で気をつけるべきことはいろいろありますが、毎年たくさんの授業を見せていただく中で、気になっていることを最後に述べておきます。

1つは、音読指導が孤立したり、「終着駅」になっている授業が多いことです。音読後は、本文についての英問英答(教科書は閉本が効果的です)のほか、本号で竹下先生、東谷先生が述べておられるようなアウトプット活動を課すことが必要です。そうすれば、「音読をしっかりやれば、それらの活動がうまくでき、生徒が音読練習に熱心に取り組むようになり、英語力が向上する」という英語学習の好循環が生まれます。

2つ目は、教師の後について1、2度言わせただけで、バズ・リーディングやペアによる音読練習が行われている授業が多いことです。音読練習中の生徒の音読を聴きますと、単語の発音、強勢の位置、ポーズの位置などが全く間違っている場合が非常に多いのです。もっとモデルを与えた音読をさせる必要がありますが、Listen and repeat だけではだめで、いろいろな手法を使って段階を踏まえて指導する必要があります。その方法については38ページでも触れました。また安木先生の記事や安木(近刊)などをご参照下さい。

3つ目は、意味や状況を考えない、聴き手を意識していない音読が多いことです。I'm tired. や I'm sleepy. などを大声で言ったり、逆に、活き活きと読むべき文を無表情に音読させずに、意味や使用状況を考えた音読や、聴き手に意味を伝えることを意識して、強調すべきところや、ポーズの位置や長さにも注意を払った音読をさせることが大切です。理解も進み、英語がことばとして頭に入ってきます。そのためには、教師自らがそのような音読をして生徒に聴かせることが必要です。


◆参考文献
門田修平(2007)『シャドーイングと音読の科学』コスモピア
川島隆太(2003)『脳を育て夢をかなえる』くもん出版
七野真希(2006)「実証的研究:パッセージの繰り返し提示と音読練習による重要語句・フレーズの再生への効果」『第46回外国語教育メディア学会全国研究大会発表論文集』103‐109.
鈴木寿一(1998)「音読指導再評価―音読指導の効果に関する実証的研究」『外国語教育メディア学会関西支部研究集録』7,13‐28.
高橋愛紗(2006)「音声を併用したフレーズ・リーディングと音読が言語産出に及ぼす影響」『第46回外国語教育メディア学会全国研究大会発表論文集』173‐180.
高橋愛紗(2007)「音声を併用したフレーズ・リーディングと音読が言語再生と保持に与える影響」『英語教育研究』30,61‐69. 関西英語教育学会
Miyasako, N.(2008) ”Is the Oral Reading Hypothesis valid?“ Language Education and Technology, 45, 15‐34.
安木真一(2001)「フレーズ音読の効果と問題点」STEP BULLETIN 13, 84‐93, 日本英語検定協会
安木真一(近刊)『英語力がぐんぐん身につく!驚異の音読指導法54』明治図書


「英語教育」2009年11月号

英語教育の最新版
月刊「英語教育」について

定期購読申し込み
【特集】音読でどんな力を伸ばすか

授業での音読はどのような効果をもたらすのか?「音読のための音読」ではなく、向上させたいスキルを明確にした音読指導とその評価について、最新の研究成果と授業実践から迫る。

「音読」こそがすべての基本:音読指導で生徒の英語力を向上させるためのQ&A
鈴木寿一
バランスのよい英語力育成のための音読指導法とその順序
安木真一
動機付けとしての音読指導:高等学校での音読の意義
溝畑保之
音読から暗唱・暗写、そして自己表現活動へ
東谷保裕
速読につながる音読のすすめ:音読・黙読の速さをどうとらえるか
渡辺浩行
リスニングとスピーキングを伸ばす音読指導
竹下厚志
音読は読解力にどう影響するか:リーディング能力との関連
宮迫靖静
音読の評価をどうするか
鈴木政浩
目的別おすすめ音読素材
久保野雅史

[コラム]生徒の声が出ないとき……私の工夫
音読で生徒を変えよう
川淵弘二
生徒をその気にさせる
平尾一成
音読指導の効果を高める
鈴木寿一

■英語教育時評
■アノ先生・ヒロ先生の日々の授業にひと工夫
■教室で使える英語のことば遊び
■言語教師認知と英語教育
■Second Language Acquisition Research and Teaching
■英語教育 ここだけの話
■英語でニッポンを紹介しよう
■木綿子先生の小学校・英語活動のお悩みQ&A
■『英語ノート』をどう活用するか

◆英文メディアに見る現代日本
◆絵画の食卓を読み解く
◆古代のしたたかな女たち
◆アングロ・サクソン文明落穂集
◆今月の時事英語


大修館よりオススメの新刊


ネットで楽しく英語コミュニケーション

ネットで楽しく英語コミュニケーション

松本青也 編 ジェニファー・マギー/ダン・モルデン/野口朋香 著
2,000 円 (A5判・178頁)
パソコン1台で語学留学!
「ネットはちょっと怖い。」「チャットはしたけれど、英語力の向上にはならなかった。」――この本で解決です。

ネットは、受信ばかりでなく発信もできる、英語学習にとって最適なツールです。その効率的な使用法から、トラブルに巻き込まれたときの対処法まで、丁寧に解説します。「ネットで使える表現集」(CD)付き。

【目次】

対策篇:ネットが可能にした最新英語習得法

I. あなたが今までネットで英語を使わなかった理由と対策
II. 実証済み。ネット活用はこんなに効果的
III. 楽しみながらコミュニケーション能力を育てる方法
1 まずは受信(INPUT):いろいろなことに関心を持とう!
2 受信(INPUT)から発信(OUTPUT)へ:心が動いた表現を覚えてしまおう!
3 すぐに発信(OUTPUT):覚えた表現をすぐに使ってみよう!
4 語彙の増やし方
5 文法の活用法

準備篇:何はともあれ、自信と話題
I. 自信を持とう
1 英語の特徴を確認しよう
2 決まり文句を覚えよう
II. 話題を増やそう
III. 準備を始めよう
1 方法
2 サイト
3 まずはこれだけ
 ①メールアドレス
 ②プロフィール
 ③セキュリティー


実践篇:今日からさっそく英語コミュニケーション

I. より取り見取り、4つの方法
1 メール
 ①手紙との違い
 ②サンプル
 ③サイト紹介
 ④やり取りを止める時
2 テキストチャット
 ①メールとの違い
 ②文字による会話の進め方
 ③サイト紹介
3 ボイス/ビデオチャット
 ①音声による会話の進め方
 ②サイト紹介
4 ブログ
 ①ブログの楽しみ方
 ②サイト紹介

II. 困った時はこう言おう
1 急に切られてしまった
2 沈黙が続く
3 性的な会話をされた
4 写真が見たいと言われた
5 ボイスチャットをしようと言われた
6 メールアドレスを聞かれた
7 出会い目的のことや下品なことを言われた
8 会いたいと言われた


演習篇:CDでしっかりトレーニング

I. 基本的な表現を身に付けよう
1 概念(物事について言う)
時を表す/過去のことと今のことを同時に言う/将来のことを言う/空間を表す/数を表す/比較する/仮定する/状況が生まれるようにする/説明を後から付け加える/理由を表す/受身を表す

2 機能(人間関係をうまく保つ)
■話をうまく運ぶ
挨拶に応える/適切な受け答えをする/あいづちを打つ/確かめる/意味を聞く/分からないと言う/話題を発展させる
■自分の思いを伝える
希望を伝える/感謝する/謝る/約束する/提案する/人の行動について自分の判断を伝える
■相手を認めて優しくする
祝う/ほめる/慰める/許可を求める/幸運を祈る/相手のことを心配する/申し出る/励ます/忠告する/同意する
■行動を促す
誘う/頼む/助言を求める/相手に任せる
■言いにくいことを言う
非難する/苦情を言う/反対する/断る

3 感情(気持ちを伝える)
喜ぶ/怒る/驚く/悲しむ/残念に思う/落胆する/後悔する/安心する/恥ずかしく思う/謙遜する/羨ましがる

4 場面(チャットをする)
■最初
挨拶/あらかじめ相手に配慮する/相手の声が聞き取りづらい
■途中
適切な受け答えをする/聞き取れない時/意味がわからない時/どう言えばいいかわからない時/英語について聞く/自分の英語について聞く/こちらの事情を理解してもらう/チャット中の出入り/断りたい時/パソコンについて
■最後
チャットを終わりたい時/締めくくりの言葉

II. 話題を増やそう
■自分のこと
基本的な情報/友達/飲食物/生活/所属先/趣味/結婚・家族
■日本について
地理情報/文化情報/社会情報(長文)

>>『ネットで楽しく英語コミュニケーション』を購入する(Amazon.co.jp)

大修館書店ホームページ「燕館」はこちら



« 学校のテストは何のために行うのか | Main | 教育の今を知りたい »

→過去の記事一覧はこちら


質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報