コラム・エッセイ View All Columns

英語教育エッセイ

国内外で活躍する英語教育業界関係者によるエッセイコーナー

インターネット時代のNewsweek、Timeの読み方

2006年10月31日


英語教育の最新版
「英語教育」2006年11月号(大修館)
目次はこちら
定期購読はこちら
From "The English Teachers' Magazine" November 2006 Vol. 55 No. 10 (Taishukan)
マネージメント・コミュニケーションズ・コンサルタント
eigonosuburi.com 主宰 NY 市郊外在住
浅田浩志
Asada Hiroshi


筆者は、雑誌としては日頃Time, Newsweek, Forbes, Fortune, BusinessWeek, Barron's 等をはじめ、金融関係のニューズレター、インテリア・デザイン、その他趣味関係のものを定期講読している。それに加え、テレビ、ラジオ、インターネット、新聞(Wall Street Journal, Financial Times, Daily News等)からの情報を合わせると、全てを「じっくりと読む・聴く」時間はない。この情報過多の時代、必要な情報を素早く選び出し、吸収するテクニックが必要になる。

数ある雑誌の中でもTimeやNewsweekはバランスのとれた情報源と言えよう。政治、経済、ビジネス、教育、健康、社会問題等、読者一般が興味を持つであろうと思われるトピックを広範囲にカバーしている。文体も、文学的なスタイルでもなく、極端に砕けた表現もなく、平均的な米国人にあわせてある。「米国版」に対して「アジア版」ないしは「国際版」は時には半分以上内容が違うことがあるようだが、これも地域別の読者の関心事に対応しているわけだ。

TimeとNewsweekのどちらを読むのがいいかという議論を聞くことがあるが、優劣は付けがたい。ただ例えば毎年年末になるとテレビのニュースなどでTimeが誰をPerson(s) of the Yearにするかが必ず話題になる。そういう意味ではTimeの方がより一般的かもしれない。ちなみに2005年は、Bill and Melinda GatesとU2のBonoがPerson(s) of the Yearだった。

構えずに楽しんで読む

そもそも「雑誌」であるから、自分の興味のある記事を選んで読み、楽しめばいい。気軽に、自分が「欲しい情報」だけに目を通せばそれでいいのだ。逆にもし興味を持てる情報がなければ、その雑誌はそもそも読書の対象外とするべきだろう。

以前「Timeをcover to coverで読む」という人がいたが、そういうアプローチは「修行」、「訓練」的で、一般の読者にはあまり意味はないと思う。忙しいときに興味のない記事を無理して読むのは時間の無駄だし、構えてしまって「気合を入れて読む」ようでは長続きしない。英文読解というよりは、どれだけ自分の興味のある情報を取れるかという雑誌本来の使い方をするのがいい。

筆者の奨める読み方は、まず最初にカバーを見た後、ぱらぱらとページをめくり、他にどのような記事があるのかざっと目を通す。目次やそこにある写真等をざっと見る。こうすることによって、世間で話題になっている事、世相を読むキーワード等が潜在的に頭の中に残っていく。そして、読みたい記事から読んでいく。長い記事に抵抗のある人は、短めの記事から読むか、記事の中にある絵、写真、チャート等の説明を読むだけでもいい。それでもっと詳しく知りたい情報があれば本文をじっくり読めばいい。

このようにしてより多くの記事に少しずつでも目を通すほうが、限られた分量の文章を時間をかけて「精読」するよりはよっぽどためになる。大切なことは、自分の苦にならない形で広く浅く雑誌に親しみ、継続することであり、自らにプレッシャーを与えて息切れしないようにすることだ。

時流のキーワードを読み取る

と言っても、この手の雑誌に限らずどのメディアでも同じだが、ある程度の知識体系がないと、読んで(あるいは聴いて、見て)も楽しめないのは事実だ。また特に現代のように情報過多で、すぐに情報が古くなり、また常に膨大な新しい情報が生まれていると、少し前の「雑誌や新聞を読むためのキーワード集」といった類の本等はすぐに古くなる。「鶏が先か、卵が先か」の議論ではないが、雑誌を読んで楽しむためには理解するために最低限必要なキーワードを知っている必要があるし、また、そういうキーワードを仕入れるためには、やはりその手の雑誌を日頃から読むことが必要なのだ(ちなみに統計的に使われる頻度の高い表現がキーワードかというと、必ずしもそうではない)。

さて、日頃から継続して読むことの意義を、具体的な例を使って考えてみよう。今のビジネスはインターネット抜きには語れないのはご存知の通り。そこでビジネスとインターネットという切り口で、2つの言葉を例に見てみよう。

VoIP (Voice over Internet Protocol):電気通信業界の力関係をくつがえす可能性のある技術であり、極めて重要なキーワードだ。この言葉が最初に Time で使われたのは2003年12月8日。“... voice-over-Internet protocol (VoIP) technology, which allows the transport of voice, data and video over the same network.”「音声、データ、画像情報を同じネットワークを通じて伝達する技術」この当時はまだ消費者にはなじみが薄く、この説明は間違いではないが、一般の人にはあまりピンと来ないだろう。記事を書いている本人も充分にその技術のポテンシャルを理解していなかったのかもしれない。

それに比べ、1年8か月後の2005年8月10日の記事では「インターネットを利用した超格安の電話サービス」と、消費者により解りやすい説明になっている。“... VoIP—short for voice over Internet protocol, the dirt-cheap phone service that lets users make calls via their cable or DSL modems.

実際は、電話の機能は単に VoIP 技術の応用手段の1つに過ぎず、他にも様々な用途がある。つまり VoIP を「電話サービス」に限るのは厳密には正しくないのだ。しかし、一般の人には「電話」以外の部分は直接関係がないので、それで通用してしまうわけで、「既存の電話会社の存続を脅かすインターネットを使った格安の電話サービス」という解釈で問題ないわけだ。キーワードもこのように徐々に元の意味から変わっていくことがある。

もっとも最近(2006年5月22日)は、単に “... making VoIP (Voice over Internet Protocol)phone calls” とだけして VoIP に関する詳しい説明はしていないことが多い。今となっては既知の言葉という扱いなのだろう。

spywareこの言葉が最初にTimeに出てきたのは2001年だが、以下は2002年10月7日のもの。“Spyware is any kind of program installed in your computer without your consent to gather information about you or your organization. A typical piece of spyware will watch over your shoulder while you browse the Web, record your mouse clicks and broadcast all that information back to another computer (ostensibly for marketing purposes).”「(マーケティングの名目で)利用者の気づかぬうちに、どういうウェブ・サイトで何をしているか一挙手一投足を記録し、その情報を他のコンピューターに送るプログラム」という詳しい説明をこの時点ではしている。まだ一般読者にはなじみが薄かったからだろう。

spywareによる被害(コンピューターのスピードが遅くなる等の問題)も増えてきたこともあり、2年8か月後の2005年5月27日には以下のような説明があった。“Spyware—programs that covertly send information about your Web activities to third parties—is often a big reason a computer is acting sluggish.”「こっそりと貴方のウェブの利用情報を第三者に送るプログラムで、よくコンピューターが遅くなるのはこのせい」と、短く、消費者にピンとくる説明だ。最近では2006年5月8日の記事に使われているが、そこでは意味の説明は全くない。既に読者は知っているという前提なのだ。

このように普段から継続して読むことで、新語が説明付きで紹介され、キーワードとなり、知識体系の一部となり、やがてなじみの言葉(household name)となっていく過程を実感できる。

インターネット版を読む:プリント版よりも先に雑誌の内容を知り、ウェブ・サイトからのみ得られる情報も利用する

定期購読者はインターネットで登録(無料)すれば手元にプリント版が届く数日前に電子メールでAhead of TIMEが送られてくる。そしてウェブサイトを通して最新号の内容を読める。

またウェブ・サイトでは、週に1回発行の雑誌と違い、リアルタイム(即時)に近く情報がアップデートされているし、ウェブでしか読めない情報もある。その手の記事に関しては、NewsweekはMSNBCと、Timeは同じTime Warnerの傘下であるCNN.comとの連携でニュース・ソースの幅を広げている。

Time.comにはPhoto Galleriesといった視覚に訴えるもの(例えば8月後半に追加された“Candidate Hillary”と題したスライド・ショーは、将来の大統領候補とされているHillary Clinton上院議員の多忙なスケジュールを追った記録写真がある) や、Most E-mailed Storiesのように、今皆がどういう話題を知人・友人と共有しているのかを知るのに便利なものもあり、世相を読むのに使える。

Time.comのQuotes of the Dayには今話題になっている事に関するある人(大抵の場合社会的影響力の大きい人)の発言が選ばれていて、しかもパンチのある、どこかで使えそうな表現が多い。また本人の写真もあるので印象にも残る。

例を挙げてみよう。2006年8月21日のQuotes of the Dayの1つに、Homeland Security Adviser(国土安全保障担当大統領補佐官)のFrances Fragos Townsendが自分の仕事を表現した言葉だ。

“I go to bed worried. I wake up worried.”「寝る時も心配でいろいろと考えてしまうし、起きた時も心配でいろいろと考えてしまう」

いかにプレッシャーの大きい仕事であるかこの短い表現からひしひしと伝わってくる。国の安全を背負っている人とは比べられないとしても、程度の差こそあれ同じような心境になった人はいるだろう。慣用表現ではないし、きわめて簡単な表現だが、何度も口に出してリズム感を味わいたい。

インターネットでアーカイヴを利用する

いずれの雑誌も定期購読者は無料でアーカイヴを利用できる。リサーチをする時や、以前読んだ記事を探すのに便利だ。この検索機能があるだけでも、定期購読する価値はあるというもの。Timeであれば1923年以降のカバーと記事に関してキーワード検索ができる。Newsweekは1993年以降の検索ができ、ウェブ独自の記事(web exclusive)も含まれている。

Time.comのArchiveは検索の結果も読みやすいし、個々の記事もプリントアウトしやすいフォーマットに直すことができる。授業に使うときにも便利だ。また、検索した記事が載っていた号がどういうカバーだったかを見れるようにview coverのオプションもある。過去に読んだ記事とカバーのイメージは一緒に頭に残っていることが多いので、これは結構便利だ。

インタビュー記事からネイティヴの表現を学ぶ

「生きた英語」を学ぶのにはインタビュー記事が最適だ。自分はこういう言い方ができるかどうかと自問しながら読むといい。

例えば手元にあったTime(8/21/06号)の“Interview: 10 Questions for Francis Ford Coppola”はたった1ページの記事だが、使えそうな表現が豊富にあった。その中の1つに自著『インパクトのある英語』(研究社)でも紹介したbe hitting one's head against the wall(無駄な努力をしている)もあった。また、慣用表現ではないが、Coppola監督の“Every work of art is unique.”「そもそも芸術作品というものは一つ一つがユニーク(他には無いもの)である」という発言など、丸覚えしてどこかで使えそうだ。口からすらすら出てくるようにしたい。ある程度意識してインタビュー記事を選んで読んでいれば、表現力、聴解力の上達の助けになる。


「英語教育」2006年11月号

英語教育の最新版
月刊「英語教育」について

定期購読申し込み
【特集】メディアに見る最新英語の流れ
時代のキーワード・流行語と背景をおさえて、様々なメディアから自分に必要な情報収集をしてみよう!

インターネット時代のNewsweek、Timeの読み方
浅田浩志
TVニュースに見るキーワード:
環境問題、自然科学を中心に
大川 久
同じテロ未遂事件でもこんなに違う伝え方:
英字新聞(broadsheet)編
中井良則
誰が、なぜ、どのようにタブロイドを読むか?:
英字新聞(tabloid)編
只木 徹
[ミニ対談]英語小説キーワード:
80年代から現在まで
上岡伸雄
都甲幸治
ポップスに見る英語感情表現の流れ:
ジェイムズ・ブラントは本当に「ブラント」か?
飯野友幸
時事英語を活用して学生にライティング活動を
木村友保
生きた英語、時事英語を読ませたい!  
ロジャー・パルバース
上杉隼人
映画・TVドラマの英語表現を授業に
フル活用!:映画コーパス紹介付
佐藤弘明

■英語教育時評
■パソコン教室に学習サイトを作ろう
■イギリスで見た日本人児童の英語習得
■授業のここにフォーカス
■菅先生に聞こう! 授業の悩みQ&A
■大学の英語の授業をデザインする

◆<巻頭エッセイ>American Sports Diary
◆Table Talk on ELT
◆映画から読み解くアメリカ
◆今月の時事英語[若者ことば編]
◆テーマ別ネイティヴの表現


大修館よりオススメの新刊


英語教育2006年10月増刊号

英語教育2006年10月増刊号

1,400円(B5判・128頁)


【特集 I】ヴィジュアルを活用してイキのいい授業を!
【特集 II】2006年度の英語教育 総括と展望



【特集 I】ヴィジュアルを活用してイキのいい授業を!
古典的手法をいまどきの生徒に合わせて:
あなどれない板書活用法
(四方雅之)
古典的手法をいまどきの生徒に合わせて:
謎解き見出し・写真
(田邉祐司)
パワーポイントで生徒の印象に残る文法指導と問題作成を
(松岡博信)
ヴィジュアル・エイドを使って授業効果をアップ
(長嶋茂雄)
一枚の写真を使って効果的な導入を
(田中武夫)
海外テレビドラマを利用した学習のすすめ:
実用的会話力をつけるために
(山田詩津夫)
パワーポイントで学生にプレゼンさせる授業
(小野田 榮)
テストもヴィジュアライズ
(萩野俊哉)
内容理解のアウトプットも目に見える形で
(河本厚子)
生徒にウケル授業内小物
(蒔田 守)
文法指導や英文解釈も視覚に訴えて
(草間浩一)
ヴィジュアルなリスニングテスト
(萩野俊哉)
映画を観て会話表現を身につけよう:
DVDの効果的な使い方
(松岡博信)
クイズ・パズル活動を授業へ取り入れよう
(吉田文典)
ニュース(BBC)を印象的に:
リスニング活動と他の活動を組み合わせる
(小野田 榮)
授業研究にビデオを活かす:
撮影から検討会まで
(淡路佳昌)
[資料編]
CALL 教室質問箱

(松岡博信)
ヴィジュアル作りに役立つサイト (野澤和典)

【特集 II】2006年度の英語教育 総括と展望

2006年度大学入試の特徴とその対策
(杉山俊一)
英語教師のマルチメディア教材活用法:
普通教室でもこう使える
(尾関修治)
英語教育日誌[2005年4月〜2006年3月]
(伊村元道)
英語教育図書:今年の収穫・厳選12冊
(柳瀬陽介)

【特別記事】
<学校教育への提言 1>
教師のサポート体制の充実を

(吉田健三)
<学校教育への提言 2>
こんな学習指導要領にしてほしい

(松沢伸二)
<学校教育への提言 3>
日本もこんな英語教育政策を:
韓国・中国の英語授業とそれを支える政策

(木村裕三)

大修館書店ホームページ「燕館」はこちら



« リスニング・テストの作り方 | Main | 墨塗り英語教科書と戦後の教材・題材史 »

→過去の記事一覧はこちら


質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報