コラム・エッセイ View All Columns

やり直し英会話

英語はいつから始めても大丈夫! 英文科卒でなくても海外経験がなくてもスクールに通わなくても、それでも英語は話せるようになるのです。

ディクテーション Vol. 2

コラム

2009年10月23日

今回はディクテーションの具体的な方法をもう少し書き足してみます。
読者から下記のような質問をいただきました。

Q:
ディクテーションの方法なのですが、ニュースなどの長い文は当然全てをディクテーションするのが難しく、単文でも次から次へと英文が流れていくうちに聞こえていても書ききれないということがよくあります。

そうした際には、どういうやり方をすればうまくいくでしょうか?シャドウイングよりディクテーションの方がすごく難しいような気がします。

A:
ご質問、ありがとうございます。確かにディクテーションはシャドーイングより時間がかかり難しく感じるでしょう。長い文章をすべてディクテーションするのは不可能に近いものがあります。

私は時計を使い、ディクテーションした時間を記録していた時期があります。1分間の会話を書き取るのに、1時間かかっていました。だんだんと時間は短縮されたものの、最短でも20数分はかかります。

つまり、書き取る作業というのはそれだけで時間がかかるということです。単語ひとつでも、わからないものがあれば、その単語を探し当てるだけでも5分、10分はすぐにたってしまいます。ですので、まずは簡単なものから始めるといいでしょう。でないと、ディクテーションそのものが嫌になってしまいます。

録音音声は嫌になるくらい、何度でも止めます。単語ひとつだけでも止めることはしょっちゅうあります。A→B間で繰り返し聞くことのできる機能がついている機械を持っていれば、10回でも20回でも同じ箇所を流したままにしておいて書き取っていきます。

ほんの数秒分ずつを書き取っていくのです。ニュースでしたら、まずはヘッドラインの部分だけを書き取るようにしてみたらいかがでしょうか?もし、興味のある内容で、もっと英語でそのニュースについて知ってみたいと思ったら、ニュースの詳細をディクテーションしていくのもひとつの方法ですが、それでも1、2分程度のものをおすすめします。それ以上の長さのものは、よほど熟練した人以外はちょっときつい作業かもしれません。

・ まずは、無理のない範囲で始めるのが鉄則。
・ 自分の興味のある内容のものを書き出してみる。

上記を念頭に入れてディクテーションと仲良くしていくのがいいかもしれませんね。

極端な話、ほんの数行のディクテーションを毎日続けること ―― これが基本です。辛い作業ですが、自分がかけた時間の分だけは着実に力となり戻ってくるのがディクテーションの魅力です。



« ディクテーション Vol. 1 | Main | 英語を口から出す練習 »


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報