コラム・エッセイ View All Columns

グローバル人材に求められるスキル

世界を舞台に活躍する際に求められるスキル・思考法などについて解説していきます。

No.16 不確実な時代に安定を求める

コラム

2011年02月28日

uncertainty.jpg
Uncertainty is the essence of life, and it fuels opportunity.
--Tina Seelig

「不確実な時代に安定を求める。これっておかしい。」先日友人とランチ時に何気なくいったら、「大塚さん、それは違いますよ。不確実な時代だからこそ安定を求めるんですよ。」といわれ、ハッとしました。そして、昨年の週間東洋経済誌で「公務員」が名だたる一流企業を抑え、人気企業ランキングトップに立ったという記事を思い出しました。

不確実な時代 → 従来と同じことをやっていては食べていけない → 何か新しい、今までなかったことに挑戦してみよう

不確実な時代 → 何をしたら良いのか分からない → 確実に、安定収入の入るところにいようこの2つのマインドの違いは何か。「不確実な時代」に「確実なところ」。なんだか頭がこんがらがってしまいます。そんな場所は果たしてあるのか。

tine_seelig.jpg
tine_seelig_japanese.jpg
冒頭の引用。いつものようにスーパー意訳しますと「不確実性は人生において必要不可欠で、大きな扉(可能性)を開いてくれる」とTina Seelig氏(Stanford大学デザインスクール教授)はその著書"What I Wish I Knew When I Was 20 (邦題:「20歳のときに知っておきたかったこと」)"に書いています。

「20代の頃、自分がやりたかったことと周りが自分に期待することを区別することが非常に難しかった」と彼女はいいます。周りの期待に応えたい。裏切りたくない。いつしか「自分がやりたいこと」を考えるのをやめ、「周りが期待する自分を目指す」ようになる。特に日本の場合は世間体というものがあり、「周りの期待に応えなければ」と思う傾向が米国以上に強い気がします。

そもそも二十歳やそこらで本当に自分がやりたいことなど分かるはずはない。26歳の時、銀行を辞めるとき当時の副支店長に「おまえは26にもなって自分のやりたいことが分からないのか。」といわれ、「そういう副支店長こそ、いま自分の本当にやりたいことをやっているのか」と喉から出掛かかったのを思い出します。

銀行を辞め、2年間ニートをやり、MBA留学し、起業。そしてリーマン・ショック以降、激減する売上の中、数ヶ月先の資金繰りしか見えない状況まで追い込まれる。そこで普段だったら絶対に断るような、自分にとっては"high risk"な仕事をやむを得ず引き受け、自分では見えていなかった自分のユニークさに気づき、37歳にしてようやく自分がやりたいことが何となく見えてくる。

自分の本当のやりたいことは「スキル、パッション(熱意)、マーケット(経済環境)が交差したとき、初めて見えるてくる」とSeelig氏はいいます。それには何か特別なチャンスが来るのを待っていてはいけない。常に自分から動きまわり、何かに挑戦し、自分のスキルアップや何に熱意を感じるか、またその理由について考える。そこに突然チャンスが現れ、それに乗れるかどうか、リスクが取れるかどうかで決まるのではないか。

リーマン・ショックがなければ、「不確実な時代」に入らなければ、このコラムも絶対に書いていなかったと思います。2年以上前の自分に「自分の日ごろ考えていることを公の場で書く」勇気も発想すらもなかった。

  • 不確実な時代 → 従来と同じことをやっていては食べていけない → 何か新しい、今までなかったことに挑戦してみよう
  • 不確実な時代 → 何をしたら良いのか分からない → 確実に、安定収入の入るところにいよう
後者のマインドをいかに前者に変えていくか。先週大学で講義を持つ友人に講師代行を頼まれ「38歳の自分が大学時代の自分に戻って伝えたいこと」と題する授業を行ってきました。

「二十歳やそこらで本当の自分がやりたいことなど分かるはずがない」といったとき、何だかホッとした空気が流れたような気がしました。どれだけ響いたか分かりませんが、リスクを取り、時には失敗し、恥をかきながらも、本当の自分を見つけ、思いっきり個性を発揮してもらいたいものです。少なくてもそういう人材を世の中は求めています。



« No.15 二重人格を演じる | Main | No.17 ユニークな自分の見つけ方 »

コメント

人間が作って来た社会は、環境の不確実さからいかに自分たちの命を守って安定的に生きるか、不確実さを減らすか、を求めてきた結果だと思っています。

つまり、不確実だから安定したい、と思うのはとても普通のことだと思うのです。

大事なことは、安定を求める「後者」の人たちに、「完全に安全で安定したものなどない」と伝えることではないでしょうか。


安定を求める人達に「もっとチャレンジングに生きようぜ!」と伝えるのは空回りする気がしましたので、失礼ながらコメントさせて頂きました。

通りすがりの小川さん、

> 大事なことは、安定を求める「後者」の人たちに、
> 「完全に安全で安定したものなどない」と伝える
> ことではないでしょうか。

なるほど!確かにそうですね。別にみんなリスクを取る必要はないと思います。Risk averseの層にはそういったメッセージを。

ただちょっとした気付きでチャレンジ出来る層、したいけどどうしたら良いのか分からない層はいるわけで、私はどちらかといったらこういったマイノリティーの層をinspireしたいと考えています!


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

カテゴリー

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報