コラム・エッセイ View All Columns

グローバル人材に求められるスキル

世界を舞台に活躍する際に求められるスキル・思考法などについて解説していきます。

No.11 変化のスピードについていけるか

コラム

2010年06月13日

IBMが隔年で発表しているGlobal CEO Report。2010年版が先日出ました。これはIBM社が1,500名社以上のグローバル企業のCEOと直接面談し、世界のトップが今後の世界情勢をどう見ているか、そしてそれにどう対処していこうとしているかを調査したものです。

今後の世界動向を占う上で、とても分かりやすく書いてあり、このレポートを通じて、今後どういった人材が求められているのか大いに参考になります。2008年度のレポートではグローバル企業の成功条件の一つとして「世界中のタレント(人材)の活用」が挙げられていたことが非常に印象的でした。私は日本企業がこの「世界中のタレントの活用」を行うには

「肩書きや国籍に関係なく、世界中の人々とオープンなCommunicationが取れる人材」
「英語によるDiscussion・問題解決の場で積極的に参加・貢献していける人材」

の育成が急務であると思い、前回のUstream(インターネット放送局)で公開したワークショップをはじめ、いろいろなプログラムを考えてきました。今回のレポートを読み、リーマンショック以降の激変した世界環境を肌で感じるとともに、果たして日本企業がこの変化のスピードについていけるのか、大いに不安になりました。

まずは"Global CEO Report 2010"を簡単に要約しますと、

  • 世界のビジネス環境は今後5年間、かつて考えられなかったほど「複雑化」していくこと。
  • 半分以上のCEO(最高経営責任者)がこれに対処していく自信がないと答えていること。
  • 「複雑化」する時代に最も求められるスキルはCreativityであること。
  • 今後5年間、企業は全く新しいSource(製品・サービス)から現在の売上以上の収入が挙げられるかが成功(生き残り)のカギであること。
  • その為、顧客のニーズをいかに早く吸い上げ、商品化に持っていけるか。そのスピードはかつてないほど高まっていること。
などが挙げられていました。

さてここからが私見。このような時代にどのような人材が求められるのか。2008年時の「世界中のタレントの活用」はもう常識であり、ゲームはより次元の高いレベルに移っています。今後世界成長の70%が新興国で起こるといわれています。今後、億単位で出現する新規消費者層。多様化するニーズをいかに素早く、正確に捉え、それを商品・サービスに結び付けていくか。以前"いま世界で何が起こっているのか"という記事を書きましが、そこでは従来の発想が全く通用しない。Creativityが重要というのも頷けます。

Creativityには2つのスキルが重要になります。一つはRisk taking。もう一つは高度なCommunication力。

以前私の個人ブログに"One risk, one day"という記事にも書きましたが、Creativityを発揮する究極的なマインドセットとして
「最近何か失敗をしたか。恥をかいたか。失敗や恥をかいていないことは自らのcreativityを放棄している何よりの証拠である。」
--Roger von Oech氏
という言葉を紹介しました。保守的な日本の大企業でこうしたマインドが果たして育っているのか。逆にこうしたマインドを持った人は真っ先に潰されているような気がします。

また、発想の切り口からCreativityを考えると、新たな発想は異なるものの考え方がぶつかって生まれるケースが多い。そういった意味で、異なる人種・価値観を持つ者同士が、Discussionを通じて新たな発想生んでいく。それも今後5年間で全く新しいSourceから現在の売上以上の収入を得るとなると、以前とはスピード感がまるで違います。パッと集まって、すぐに決め、実行に移し、解散。

Risk takingも結局は周りを抱き込んでいく、それも顧客を含むありとあらゆるレベルの人たちとCommunicateして、ことを起こしていくスキル。考えるだけでゾッとしてしまいます。そもそも私にそれだけのスキルが備わっているのか。正直、自信がない。

最近、企業研修で新しい商品やサービス、ビジネスモデルを考えるワークショップが出来ないか。真剣に考えています。でもそれにはどうしても障害が出てくる。新興国相手のビジネスの新規アイディアを日本人同士で日本語でやっても意味がない。世界中の人材と英語で行うワークショップ。それにはどうしても英語によるDiscussionが出来なければ話になりません。

今月から宇都宮大学で「"英語発信能力"養成講座」という公開講座を週1回行っています。参加者は20名弱。英語力がバラバラ(TOEIC300点台~900点台)でもトレーニング(というよりマインドを少し変えるだけ)でDiscussionは行えることを証明したくはじめました。先日3回目を終えたのですが、手ごたえを感じています。

「受験としての英語」「ただの英会話」ではない、社会に出て役立つ「英語によるコミュニケーションの取り方」をいかに早い段階でシンプルに身につけさせるか。常に考え、実践していないと日本が世界から一気に置いていかれてしまう危機を感じます。



« No.10 人はなぜ変われないのか? | Main | No.12 世界の共通語 『グロービッシュ』 »

コメント

大いに賛同します。私も上記サイトで、英語教育についていろいろ考えを述べているところです。お互いに意見交換しましょう。
これから、あなたのブログサイトへ行って見ます。

藤掛さん

早速ブログ拝見しました。本質を突いたご意見の数々。大変刺激を受けました。こちらこそ今後ともよろしくお願いします!


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

カテゴリー

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報