コラム・エッセイ View All Columns

国際ビジネス英語エッセイ

世界を舞台にビジネスの世界で活躍してきた筆者が、自らの体験を交えて知的に綴る、スペシャルエッセイ

【第91回】
サッカリンの娘たち 〜 新年のきもちの良い話

2017年01月10日

サッカリンの娘
サッカリンの娘

新年、松の内、午後、快晴。
所要で都内泉岳寺駅から、京浜急行下り特急に乗車。
発車まもなく同じボックス席に座った二人の金髪娘が聞いてきた。
「この電車はSky Treeに行くか?」とーー。
え、まさに逆方向。特急とて横浜まで止まらない。
焦っても仕方がない。横浜でとんぼ返りだが、着いたら教えるから安心せよ、と説明。

さて、そこで「Where are you from?」とspeak-up。二人は完璧な英語を話す。
一人(写真左)はEnglandからとのこと。
そしてもう一人(写真右)はfrom Russiaとのこと。ロシア人がこんな完璧な英語を話すのか?
と、思いながら「with love?」とオヤジ風のジョークが受ける。
*From Russia with love「ロシアより愛をこめて」とは勿論、「『007』シリーズ」映画の第2作だ。1963年の昔話が通じたーー。
「ロシアのどこ?」 サッカリン。
サッカリンと聞こえる(汗)。え、と二度三度聞いてはじめて分かった。
Sakhalin サハリン樺太とのこと。そこで、生まれて育ったよし。
で、何をしてるの? English teacher。(小)学校で英語を教えてるとのこと。
話題はそこから、昨年暮れのプーチン大統領の来日に移り、「(英語)教育の目的は
世界平和」(鳥飼玖美子教授)というところまで及んだ。
「日本は憲法第九条で戦争を放棄してる」と言ったところで、「え、知らなかった
素晴らしい」。「帰ったら子供たちにそう伝えます」。
そして最後に「日本がいよいよ好きになりました」というところで、横浜駅に到着。あわただしく、下車。
わずか30分。新年に気もちのよい会話だった。さあ、2017年、世界はどう展開していくか?


■ 関連拙稿サイト:
2013年のオバマ大統領の就任演説。
Speak-up



« 【第90回】魅力の「ナショ・ジェオ」 | Main


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報