コラム・エッセイ View All Columns

国際ビジネス英語エッセイ

世界を舞台にビジネスの世界で活躍してきた筆者が、自らの体験を交えて知的に綴る、スペシャルエッセイ

【第85回】
番外編「赦しのこころ」こそ世界平和への第一歩

2016年08月26日

キリノ大統領の記念碑
キリノ大統領の記念碑

本年一月、天皇・皇后はフィリッピンを訪問、キリノ(元)大統領の孫娘に会われた。
参照:両陛下と懇談するルビーさん(時事通信)

そのキリノ(元)大統領の顕彰碑が東京、日比谷公園の日比谷公会堂の東側に完成した。
参照:戦犯を釈放 比大統領顕彰 加納莞蕾が恩赦嘆願 東京に碑完成 親族が交流(中国新聞、ヒロシマ平和メディアセンター)

キリノ(元)大統領はマニラ市街戦で妻子4人を日本兵に殺された。が、大いに悩んだ結果、1953年7月、モンテンルパ刑務所に収容されていた100余人のBC級戦犯に恩赦を与えた。

そのこころは「赦し、Forgiveness」。これが、フィリピンと日本の経済関係を含む友好関係の原点である。

翻って、5月17日のオバマ米大統領の広島訪問については、「謝罪の有無」を巡って論議がある。日本被団協の事務局長田中熙巳氏の困惑、悩みも理解できる。
参照:事務局長、米大統領「所感」評価を後悔(毎日新聞)

が、「謝罪を求めない」からこそ、米国現役大統領の被爆地訪問という歴史的なイヴェントが実現したのである。
参照:オバマ米大統領広島訪問に学ぶ

日本自身がこの「赦しのこころ」を率先、実践することによってこそ、慰安婦や南京虐殺事件など、難しい問題を抱える近隣国との融和への一歩が踏み出せる。憎しみの応酬に和平はこない。

日本被団協(と九条の会)へのノーベル平和賞授与への期待も高まる。(10月7日発表、オスロ) 参照:The True Nobel Candidates 2016: Article 9, Japan

関連サイト
世界の平和モニュメント ・世界の平和モニュメント Philippinesの項、Muntenlupaの現地報告



« 【第84回】JETに想う 人のつながり | Main | 【第86回】「国際NGO」のTie »


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報