コラム・エッセイ View All Columns

国際ビジネス英語エッセイ

世界を舞台にビジネスの世界で活躍してきた筆者が、自らの体験を交えて知的に綴る、スペシャルエッセイ

【第74回】
Proactive考 〜 安倍首相の米議会演説に見る「意図的誤訳」

2015年06月08日

ヘンデルのオラトリオ「メサイアMessiah救世主」は歌詞が英語(古語)ゆえ、勉強になる。
聖書The Book of Common Prayerからの聖句をなぞっての壮大な音楽の流れは感動的だ。

ヘンデル「メサイヤ」 Wikimediaより

その第二部最終の「ハレルヤHallelujah讃美・ヘブライ語源」コーラスになると、聴衆が一斉に立ちあがる。これは1743年ロンドンでの初演のさい、国王ジョージ2世が感動し立ちあがったという故事に由来する。
Standing Ovationとは感激のあまり観客が総立ちになることだ。

4月29日、日本の首相として初めての、米上下両院議会における安倍晋三首相の演説では50分の間に10回もスタンディングオベーションがあった(=それほど、スピーチは大成功だった)と伝えられた。

アメリカ議会における安倍総理の演説 Photograph: Gary Cameron/Reuters

が、実際の場面の通り、これはアメリカ人らしい「社交(外交ではない)」であると、認識すべきだ。
参照:米国連邦議会上下両院合同会議における安倍内閣総理大臣演説

勿論、今の日本(人)にとっては、ぺラペラでなくても「Speak-Up」すること自体が重要なことである。
参照:Speak-up ⇒ Engineering (創造)
今回の演説「希望の同盟Toward an Alliance of Hope」はその意味で良い手本であった。ユーモアも歴史・文化も含め、本人はじめ、スピーチ・ライターらの苦労も推しはかられる。

が、そのContent(内容)について、看過できない点が「Japan’s New Banner日本が掲げる新しい旗」章にある。
本稿は政治論議が目的ではないゆえ、ひとえにことば(=英語)の使い方という観点で検証する。

公表された英文「proactive contribution to peace (based on the principle of international cooperation)」。これが繰り返えされ、強調されている。
「平和に向けてのproactive=先手をとっての貢献」。
即ち、多くの米国議員には、「(例えば)中国の東シナ海への進出に対して(軍事)同盟国Allyである米国の軍隊が出動の場合、それの『先を見越して』自衛隊を派遣する」と聞こえたはずだ。(→ そこでStanding Ovation)。
だが、その和訳(外務省公式)を見てウーン、と唸らずにはおれない。それが何故「積極的平和主義」と翻訳されるのか?

かつ、知られるごとく、「積極的平和Positive Peace」とは、「平和学の父」ノールウエイのJ Galtung教授により定義されている。即ち、同教授は、平和を「消極的平和(Negative Peace)」と「積極的平和(Positive Peace)」の二つに分けている。
「消極的平和」とは戦争の無い状態を指すthe absence of direct violence (wars)。そして、貧困、抑圧、差別などの構造的暴力が無い状態を「積極的平和」としているthe absence of indirect(structural)violence。
同教授は特に後者の「積極的平和主義」を強調し、貧困、抑圧、差別問題まで論理を展開している。
参照:トランセンド研究会:「積極的平和」の誤用・悪用について

この論説は、平和学のみならず、国際関係学、政治学上も広く認知されており、内・外多くの知識人、学者、政治家はこのガルトゥング教授の「積極的平和」論の意味を理解している。首相官邸とてその例外ではないはず。となると、全国紙で公表されたこの日本語は「意図的な工夫、即ち誤訳」をしているということになる。

なお、安倍首相の米議会演説でのTPPの章では、TPP is also about our security. Long-Term, its strategic value is awesomeを日本語では「長期的な、安全保障上の大きな意義がある」と、意図的に「strategic戦略的」という刺激的なことばを外している。

明らかに対外発信(英語)と国内向けメッセージ(日本語)に齟齬がある以上、
我々英語教育に関わる者としては、今後のことの推移を「Proactive先を見越して」に見守っていく義務がある。

■ 参照:関連リンク:
Proactiveっていい日本語ないかなあ

一般社団法人日本在外企業協会「月刊グロ―バル経営」(2015年6月号)より転載・加筆。

■ 関連拙稿サイト
PeaceとPacifist 〜 ビジネスも平和が前提
「ノーベル平和賞を」運動を励ましてくれるガルトウング教授



« 【第73回】Speak-up ⇒ Engineering (創造) | Main | 【第75回】「番外編」イスラムを知らずして世界は語れない »

コメント

本題、重要点で、トランセンド研究会の奥本京子理事から、近年の
情況進展について、下記のごとく、近年の研究進展について、アドバイスがありました。

=記=

「消極的平和」とは、あらゆる暴力の無い状態を指すthe absence of violence。それは、戦争などの直接的暴力、貧困、抑圧、差別などの構造的暴力、それらを正当化する文化的暴力が無い状態を指すものである。
「積極的平和」とは、 協力、衡平・平等、平和の文化・対話などの存在する状態、またその構築のプロセス自体を指すとしている。
同教授は特に後者の「積極的平和」を強調し、貧困、抑圧、差別問題にとどまらず、平和をどう構築するか、すなわち紛争解決のための調停や和解のあり方にまで論理を展開している。
参照:トランセンド研究会:「積極的平和」の誤用・悪用について  http://www.transcendjapan.net/positivepeace


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報