コラム・エッセイ View All Columns

国際ビジネス英語エッセイ

世界を舞台にビジネスの世界で活躍してきた筆者が、自らの体験を交えて知的に綴る、スペシャルエッセイ

【第71回】
Lay Down Your Arms 〜 ノーベル平和賞・憲法九条

2015年02月10日

何故英語を学ぶのか? 〜 世界平和のために!
その原点は「異文化、異宗教=自分とは違うのだということの理解」だ。
参照:イスラームの理解

Alexis Dudden教授
Alexis Dudden教授
ビジネスマンとして、中東(イラン、サウディアラビア)、及び米国(NYC)で生活。そこで、少なからぬ紛争・テロを身近に経験してきた筆者は「武力による異文化攻撃から平和はあり得ない」と強く体感。ここより「日本の平和憲法(9条)は世界の宝」と主張してきた。

これをむねに、一年間、昼夜逆転、「九条にノーベル平和賞」を推進してきた。そして、この2月1日、2015年度の締切までに、内・外多くの識者の推薦(オスロのノーベル委員会あて)を得ることが出来た。
注:ノーベル委員会の規定で、授賞対象は「個人」又は「団体」ゆえ、「九条の会」と「日本被団協」の二団体を推薦。
参照:九条の会
参照:日本被団協

うち、Alexis Dudden教授(米コネティカット大学)の詳細記事(Japan Focus=コーネル大学Mark Selden教授主宰)は多くの知日派識者に伝わり、賛同者を得た。
参照:Nominating Article 9 for the 2015 Nobel Peace Prize 憲法9条、2015年ノーベル平和賞推薦のために

文中にある小西洋之議員の平和構築Peace Creationへの熱情、9条研究、行動力には脱帽させられた。
参照:2014年7月22日 日本外国特派員協会主催記者会見:“Nominating Article 9 for Nobel Peace Prize”

また、「憲法と幣原喜重郎(第44代内閣総理大臣)」という驚嘆すべき研究者であるKlaus Schlichtmann博士にも大いに励まされた。
参照:歴史から見る日本の平和憲法

Peter van den Dungen博士(左)
左)Peter van den Dungen博士
中)山根和代:立命館大・国際平和ミュージアム副館長
右)Edward W. Lollis氏:世界の平和博物館
後述、英Bradford大学のPeter van den Dungen博士による(オスロ宛)推薦文は、戦後70年の節目にあって、日本の二つの平和団体の親和性(=A.ノーベルの平和への遺志に添う)を簡潔に、かつ強く訴えている。ご本人の許可を得て、報告する次第。
同氏写真は2013年ハーグでの平和大会にて。

尚、文中(及び、本稿タイトル)の「Laying Down Arms武器を捨てよ」とは、ノーベル平和賞の女性初の受賞者、ベルタ・ズットナーの著書(1889 原題 Die Waffen nieder)である。
参照:ベルタ・フォン・ズットナー

10月10日の発表が待たれる。

■ 関連サイト
ノーベル平和賞推薦要項
オスロ合意 (1993)

Klaus Schlichtmann博士
Klaus Schlichtmann博士
■ 関連拙稿サイト
PeaceとPacifist 〜 ビジネスも平和が前提

N.チョムスキー教授: 現存で最高の知識人 (NYタイムズ)

J.ガルトウング教授:「積極的平和主義」主宰者

文化(文明でなく)の衝突 〜勝てない戦い〜

「国際的最難題を日本主導で」という、とんでもない期待

憲法九条にノーベル平和賞を

原爆投下部隊責任者を叙勲

集団的自衛権=憲法九条違反


Subject: Nobel nomination
Bradford, 30th January 2015


The Norwegian Nobel Committee
Norwegian Nobel Institute
Oslo

Dear members of the Norwegian Nobel Committee,

I would like to nominate for this year's peace prize two organizations in Japan which, for many years, have been in the forefront of promoting two great and not unrelated causes: abolition of nuclear weapons, and defense of Art. 9 of the Japanese constitution.

The survivors of the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki have been for many decades, and continue to be, among the most energetic, passionate, and convincing advocates of nuclear disarmament. These Hibakusha are aging, and for many, it is an agony and great disappointment that the cause to which they have dedicated their shattered lives remains a dream. In this 70th anniversary year, it would be most appropriate and deserved if their efforts would, at long last, be recognized by the award of the prize. They have been and continue to be a major force in the global movement for the abolition of nuclear weapons. Nihon Hidankyo, the federation of survivors' organizations, is the most representative organization to receive the award which would be widely welcomed, both at home and worldwide. It would, moreover, and equally importantly, provide a stimulus for the abolition of nuclear weapons and a counterweight to current plans of nuclear powers to modernise their arsenals.

Article 9 has been seriously eroded over the years, not least with the encouragement of the USA, and now is being further weakened by the measures being introduced by the present government - against the express wishes of the vast majority of the Japanese people. At the same time, these policies of the Abe government are causing alarm in the region, first and foremost in China and Korea where the legacy of Japanese militarism and colonialism is still keenly felt. Grassroots movements for the protection of Art. 9 have existed for many years and at various times have been estimated to number 6,000 groups and more. The Article 9 Association, established by leading intellectuals, is widely seen as the most representative organisation in the field. The strong popular support for the maintenance and indeed strengthening of Art. 9 has been shown by the campaign which has been launched during the past two years, and which has brought many signatures to Oslo. The award to the Article 9 Society would be welcomed not only by the vast majority of Japanese, but also by the country's neighbors. Moreover, it would make this remarkable, indeed revolutionary, constitutional article much better known around the world.

The joint award to these two Japanese organizations would be fully in accordance with the purposes for which Alfred Nobel created the prize.
'Laying Down Arms' has become an imperative for the nuclear age - with Hiroshima and Nagasaki as stark warnings of the alternative. At a time when much of the world is commemorating the centenary of the First World War, an award for the cause of the abolition of nuclear weapons, and of the abolition of standing armies and of the option to go to war (as determined by Art. 9) would be a most meaningful way for your esteemed committee to indicate the necessity of learning lessons.

With kind regards.

Yours sincerely,
Dr. Peter van den Dungen
Peace Studies Lecturer (1976-2000),
Visiting Lecturer (2000-2013),
Visiting Fellow (2014-),
General coordinator, International Network of Museums for Peace (INMP, 1992-),
Visiting Fellow, Norwegian Nobel Institute (2000),
University of Bradford
Bradford BD7 1DP UK



« 【第70回】「First Name」で呼び合える仲? | Main | 【第72回】同時通訳の大御所、逝く »

コメント

「同時多発」Nomination推薦。

1910年NPP授賞のIPB (International Peace Bureau 本部、スイス・ジュネーヴ)がHIdankyo被団協を推薦してます。

http://ipb.org/uploads/documents/other_docs/IPNominationNPP2015Hidankyo.pdf

IPBが「被団協」を推薦。そして、もう一つ嬉しいニュースは韓国の識者が「九条の会」を
推薦してくれたこと。

(私の「名前」をクリックしてください)


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報