コラム・エッセイ View All Columns

国際ビジネス英語エッセイ

世界を舞台にビジネスの世界で活躍してきた筆者が、自らの体験を交えて知的に綴る、スペシャルエッセイ

【第69回】
英語ができるようになった瞬間!?

2015年01月15日

ウドウロク by 有働 由美子
ウドウロク by 有働 由美子。詳細はこちら
有働由美子さん。
言わずとしれたNHKの人気アナウンサーだ。
その有働さんが初めて本「ウドウロク」(新潮社)を出したというので早速読んでみた。
45年(と自分で書いてる)の人生での特記事項は3年間のニューヨーク勤務とのこと。

音楽好きの筆者(浜地)はふとした縁でNYフィルハーモニーによるYoung People’s Concert(バーンスタインが始めた子供の為の音楽会)の日本公演を手伝った。有働さんにはそれにまつわるイベントを紹介したことがある。因みに、NYフィルの指揮者はケント・タケシ・ギルバードという日系ハーフ。NYフィルの170年の歴史の中で初めてのNY生まれの指揮者だというのだから、いかにも多文化・多人種のアメリカらしい。
参照:NYフィルの日系音楽監督が始動

さて、その彼女のNY生活の中で「英語ができるようになった瞬間」というエピソードが興味深い。
時は2009年、1月15日。エンジン故障の飛行機がパイロットの判断で
ハドソン川に「不時着」。乗客全員が助かったという事件だ。

当日、のんびりしてた有働さんのところに、東京の本部から事故の取材せよとの突然の指令。急ぎ現場に駆けつけるが、機体はドンドン南に流れていく。焦り! だが、米人アシスタントからの情報は待てども来ない。何と、氷点下6度の真冬のこととて、本人は車の中で暖をとってた、というのだ。

怒った有働さんは思わず、その助手をなじった。が、相手も言い返して来る。で、またやり返す。英語でーー(当たり前)。そこで、有働さんははっと気が付いた。(従来のように)まず日本語で考えて頭で翻訳してというのではなく、「使える英語」を実践してる自分に驚いたのだ。そして、そのこと自体に酔って、怒りも和らいだという。

小さいころから英語塾に通い、英語ができる子供と「プチ称賛」され、社内の自己申告には「英語で交渉ができる」と書き、又、赴任直前には英会話学校で特訓した。にも関わらず「本場、アメリカ」に来て、何と駄目なのだろうと思ってた自分。それが「絶対に必要な場面」で、それこそネイティブを相手にペラペラとやりあってる自分に驚いた、という記述はほのぼのとしており、かつ示唆的だ。
これを機に、指示は的確に出せるし、TVの言ってることはわかるし、生活が楽しくなったというのだ。

Pilot English
この新年早々のできごと、ハドソン川不時着事件は筆者(浜地)も記録に残している。NYのラガーディア空港を出発したUS-Airways1549便(A320機)が突然、エンジン不調。とっさの機長の判断で、マンハッタン西側を流れるハドソン川に不時着。乗客155人が全員無事だったという快挙だ。

機長の交信には「Double bird strike」とある。即ち、二羽のCanadian Geeseがエンジンに飛び込んだということ。これなど、我々Non-Nativeにはとてもわからない。

万策尽きて、自動操縦から、機長自らの手動操縦への切り替えは「37秒の決断」として讃えられた。「航空史上に残る理想的な不時着水」The most successful ditching in aviation historyだ。この間、離陸から三分間の出来事。
Imagination想像力、Creativity創造力、Cooperation with other crew members他の乗務員との協力。かつ、機長は不時着後に乗客が脱出した後、だれも残っていないことを確かめるために自ら機内を2度見回った、というから「fine airmanshipあっぱれな飛行家精神」だ。

これは航空システムに限らない、ビジネスをはじめ社会生活上の教訓である。
Courage is grace under pressure(ヘミングウエイ)、苦境にあっても「優雅さ、ゆとり」を失わないことが勇気なのだ。
参照:ビジネスに不可欠な体液=ユーモア

一般社団法人日本在外企業協会「月刊グロ―バル経営」(2015年1/2月合併号)より転載・加筆。

■ 関連拙稿サイト
運転室が「禁断の区域」になった時代



« 【第68回】集団的自衛権=憲法九条違反 〜 英語教育の観点から | Main | 【第70回】「First Name」で呼び合える仲? »

コメント

近々、「ハドソン川の奇跡」が上映とのこと。原題Sully (機長の名前)。

私の「名前」をクリックして下さい。(音がでるので注意)

楽しみに――。


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報