コラム・エッセイ View All Columns

国際ビジネス英語エッセイ

世界を舞台にビジネスの世界で活躍してきた筆者が、自らの体験を交えて知的に綴る、スペシャルエッセイ

【第65回】
「East is East」か「East is West」か?

2014年08月20日

エフェソスの位置
エフェソスの位置
神秘的な黒海の周辺は複雑な治政の交差地だ。北側はクリミアを含むウクライナで、ソチ冬季五輪以後、思わぬ紛争に発展していった。そして、南側はトルコ。違う様相で異文化が絡み合う。黒海の出口、イスタンブールは西洋と東洋の接点だ。

自社駐在員もいなかったイスタンブールに初めて降り立ち、偶然、タクシーが連れて行ってくれたのが「ペラ・パレス」という古いホテル(1895年建造)。

「オリエント急行」の欧州側の終着駅。アジア側行きの船に乗り換えるために乗客は下車、宿泊・社交の場。先年パレスチナからの帰途訪ねた際、新改装のこのホテルに古い蛇腹ドアのエレベータが残されていたのは懐かしかった。

地で、ボスポラス海峡を跨ぐ高さ50mの巨大橋を仰ぐと感無量だ。日本のIHIの建設で(1989年)、BOTだと聞いた。BOT? 邦銀名かと思うとさにあらず。Build, Operate and Transferだという。建造して、運営して、最終的に相手に引き渡す。大変な「投資」案件と感心したものだ。

その橋を渡ると、そこは古来「アナトリア」と称される地域。そもそもトルコという名称は民族的であり、アナトリアとは元々ギリシャ語で「東」だ。
そこから南下すると有名なトロイの遺跡。それを越えると、そこは新約聖書の世界。「ヨハネの黙示録John: Revelation」には7つの教会名が上げられているが、みなこの地域にある。うち、我々が知るペルガモン Pergamumはベルリンの大きな博物館の名前となっている。その意味するところはこの地域からの遺物が運ばれたということ。続くフィラデルフィアPhiladelphiaは、中東ヨルダン国の首都アンマンの旧名でもあり、米国ペンシルバニア州の都市の名前にもなってる。古代ギリシャ語でPhil(愛)+Adelphos(兄弟)、即ち兄弟愛。同様、Phil-Harmonic(音楽)、 Phil-Anthropy(人間)だし、Philo-Sophia(智)は哲学。上智大学の英文名はSophiaだ。

さらに南下するとエフェソスEphesus。聖パウロPaulの宣教旅行の逗留地だった。

Paulはキリスト迫害のパリサイ人だったが、神がかりに会った「目からウロコ」の逸話は今、日常会話に残る。There fell from his eyes what looked like scales(使徒伝Acts)。某年、時代劇で「目からウロコ」というセリフがあったのは可笑しい。

同地には古い円形劇場があり、近くにキリストの母マリアが晩年過ごしたという「小屋」もある。因みに、マリアはイスラーム教の聖クルアーンに出てくる唯一の女性名だ。キリスト教とイスラーム教(及びユダヤ教)が同根であるということは存外知られてない。

ところで、この地はまた「小アジア」Asia Minoreともよばれる。「アジア」の語源である「assu」は「(エーゲ海の)東」という意味。(他方ereb 「西」がヨーロッパの語源)。時代が進み、このアジア(東)はとてつもなく広がる世界の一部に過ぎないということが分かり「小アジア」と呼ばれるに至った。

なるほど、アラビア、イランなども中近「東」、即ち「アジア」なのだ。

その境目がボスポラス海峡。そこで、英国のノーベル賞詩人J R キップリングはEast is East, and West is Westと詠った(1898年)。それを受けて、アジア女性(オノ・ヨーコ)を妻としたジョン・レノンはEast is West, and West is Eastと「東西融和」を歌った(♪You are here♪)。

「憲法九条にノーベル平和賞を」運動に賛同してくれているMITのNチョムスキー教授(現存で最高の知識人=NYタイムズ、父はウクライナ出身)も中東に縁が深く、「東西融和」を主張している。



一般社団法人日本在外企業協会「月刊グロ―バル経営」(2014年7/8月号)より転載・加筆。

■ 関連拙稿サイト
ソチはどこじゃ?
オリエント(日が昇る)に思う
「ダルビッシュ」に思う中東地政
西東詩集管弦楽団
チョムスキー教授来日講演 〜 世界平和への共鳴



« 【第64回】パルムの焼印(Brand) | Main | 【第66回】「イギリス」という国は存在しない?! »

コメント

こんにちは、いつも興味深く拝読しております。

書かれた記事、国際ビジネス英語エッセイ第65回「East is Eastか?West is Westか?」を拝読して思ったことを以下に記します。トルコの地をもとに聖パウロ、マリア、そしてエフェソス、さらに「アナトリア」「アジア」の語源論にも踏み込んだエッセイ興味深く読ませて頂きました。小生としては御紹介のオノ・ヨーコ氏の詩に共感します。さてここで二つ、貴エッセイに関連の事実を申し上げたく思います。僭越とは存じますが、お時間のあるときに御一読お願えれば幸いでございます。

1.聖パウロが伝道旅行で留まった土地エフェソスですが、ここでは431年にキリスト教会の第三回全地公会議が開かれ、「マリアはキリストの母」というネストリオスの説が断罪、異端とされ、これ以降その派は異端とされましたが、ネストリオス派としてイラクやそれ以東の地に宣教、遠くモンゴル、中国までその足跡を延ばしたことは良く知られています。(一方この公会議では「キリストは神の母」とする説が正統とされました。) いわばエフェソス公会議は451年カルケドン(これもトルコで、イスタンブル近郊だそうです)の公会議における、「キリストは神であり人であり、彼において神も人も分離されず」というローマ帝国の正統的キリスト論確立への重要な一里塚をなしました。いわばキリスト教会がローマ帝国派(カルケドン派:ローマを中心とした西方とギリシア、小アジア)と非ローマ帝国派(非カルケドン派:エジプト、シリア、アルメニア、及びそれら以東)へと大分裂する重要な一里塚でした。文明の東西の問題とも少し絡んでくるかもしれません。

2.聖典クルアーンで東西の問題には宗教的見地から、あるいはゲーテがクルアーンを見事に翻案した文学的見地からある程度の解決は別のレヴェルから示唆されているようにも見えます。次のような詩があります。

Gottes ist der Orient!
Gottes ist der Occident!
Nord- und südliches Gelände
Ruht im Frieden seiner Hände.
神のものだ、東洋は!
神のものだ、西洋は!
南と北の土地は
その御手の安寧のうちに憩う。

以上の詩はゲーテのWest-östlicher Divan、つまり『西東詩集』の中で極めて有名なものですが、これはレクラム文庫のMichael
Knaupp編研究版『西東詩集』(Stuttgart, 1999)の注釈によればクルアーン第2章第115節の「東も西もアッラーのもの。それゆえに、汝らいずこに顔を向けようとも、必ずそこにアッラーの御顔がある。まことにアッラーは広大無辺、一切を知り給う」(井筒俊彦訳)の翻案だそうです。神に全世界は属するということです。

スーフィーたちの解釈から少し例を見てみますと、ジャラールッディーン・ルーミー(1207-73)やアブー・ハーミド・ガザーリー (1058-1111) はこのクルアーンの節では「汝らいずこに顔を向けようとも、必ずそこにアッラーの御顔がある」に力点を置いているようです。例えばルーミーは、神はあらゆる方向に目が確りと見える人のために己れの「徴」を残されたのだ、だからそういう人は何を見ても「神の美しい庭」をそこに見るのだ、それがその節の意味だと述べています。(W. Chittick, The Sufi Path of Love: The Spiritual Teachings of Rumi (Albany, NY: State University of New York Press, 1983), p. 306)  正に万物を神の顕現と見る神秘思想の面目躍如たるものがあります。

しかしゲーテは(恐らく当時の東洋学者の研究からオリジナルの意味やその後の解釈を知っていたのでしょうが)、見事にこれを翻案、「東西」に加えて「南北」を足すことで、神の手の中での全世界の融和を説いたのです。

このゲーテの翻案からクルアーンやスーフィーたちの解釈を振り返ってみますと、世界のすべては神のもの、すべては神の顕現であるから神聖であり、融和すべきだという意味が浮かび上がって来るようにも見えます。クルアーン第2章第115節についてこのような解釈が歴史的にあったか分らないので勉強せねばなりませんが、そのような思想は間違いなくイスラーム神秘思想史上ありました。例えば次のイブン・アラビー(1240歿)の詩です。

我が心はあらゆる形を取りうる
キリスト教修道士たちの修道院、偶像の寺院
トーラーを置く卓台、クルアーン
ガゼルたちの草原、信仰者たちのカアバ、
愛こそが私が奉ずる信条、何処の方向に
神の駱駝が向うとも、愛こそが我が信条にして信仰

(A.-M. Schimmel, Mystical Dimensions of Islam (Chapel Hill: The University of North Carolina Press, 1975), pp. 271-272より再引用;さらにこの周辺について詳しくは鎌田繁著『イスラームの深層』(NHKブックス、2015)を御参照下さい。概説書でありながら思い切ってイスラームの基本と神秘思想に論題を絞った、とても良い本です。)

纏まりがなくなりましたが、イスラームには諸世界、諸宗教の融和を説いた思想家たちがおり、今でもその思想は民衆の中に生きているように思います。

昨日は東方正教会のクリスマスです。ユリウス暦をとっているので、グレゴリウス暦よりも二週間程遅れます。
またシャルリーエブド誌編集部襲撃事件の一周年でもあります。東方のクリスマスの日に悲劇の思い出(同誌のイラスト、記事内容などに必ずしも賛同するものではありませんが)を胸に刻み、まだ新しい年に平和を祈りたく思います。

さらに上で引いた『西東詩集』からその名を取った、ダニエル・バレンボイム氏率いる「ディーヴァーン・オーケストラ」、つまり「西東詩集管弦楽団」の来日を切に望みます。何か出来ることがありましたらお寄せ下さい。是非、東西の対立を乗り越えたその調べに耳を傾けたいものです。

長くなりましたが愚考、愚見までにて。今年が佳き年となりますよう。

敬具


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報