コラム・エッセイ View All Columns

国際ビジネス英語エッセイ

世界を舞台にビジネスの世界で活躍してきた筆者が、自らの体験を交えて知的に綴る、スペシャルエッセイ

【第57回】
何故英語を学ぶのか ~ 世界平和のために!

2014年01月15日

スジャータの乳粥(ちちがゆ)
画像:現駐日サウディアラビア大使とともに
某年。国際会議「異文化理解教育フォーラム」から帰国された鳥飼玖美子教授(立教大学大学院)のことばが忘れられない。
そこで討議されたのは「言語・異文化を学び、尊重することは、戦争を二度とするまいという願い」だった、とのこと。わが意を得たりとはまさにこのこと、心に残っている。

昨年末近く、安倍内閣下で「特定秘密保護法」「日本版NSC設立」二法案が公布され、一年以内には施行の運びという。
安倍首相は、あまつさえ、靖国神社に参拝をし、「右傾化」と韓国・中国から大いなる非難を浴びている。
本欄は政治論議が目的ではないが、ビジネスマンとして、また、日本国市民として、事実は認識しておかねばならない。


靖国神社は「国立施設」ではなく、宗教法人である。
明治時代の招魂社から1939年(昭和14年)4月に施行されたShinto-Shrine神社である。
そこに合祀enshrineされている240万の霊に、問題視されているA級戦犯Class-A Criminal 14人(大戦後の裁判IMTFEで有罪)が「追加」されたのは1978年10月だ。
つまり、この「追加」により、靖国神社の「性格」が転換したということを認識せねばならない。

今回の首相の靖国参拝に対する米国からの警告は、そこから生じる中国・韓国との摩擦、それによる(東)アジア圏での不必要な軋轢に対するものに相違ない。
筆者の見解では分祀、つまり元に戻すrestoreしかない。
これが軍事路線批判に対する「ソフト・パワー」だ。

さて、中東イスラム圏のあとの米国(NYC)での生活を経験し、その「カルチャー・ギャップ」に大いに悩まされてきた(エンジョイもしたが)筆者のこころには、「素晴らしいアメリカ」の陰の部分も焼き付いている。
その一つは、米ブッシュ(子)政権による「イラク侵略」における、Curve Ballに象徴される大失態だ。ベトナム戦争に次ぐ、この対外武力政策の間違いは風化させてはならない。
参照:「カーブボールの愚」

昨今、活発な「グローバル人材育成・教育」論。それ自体は素晴らしく、筆者にも講演の機会が増えているが、都度、異文化理解(異宗教)の理解こそ大事と強調してきた。詳しくはこちら(PDF)
そこでは常に、ハード・パワー(武力政策)に対峙する「ソフトパワー、魅力」の重要性を説いてきた。 (添付写真:現駐日サウディアラビア大使とともに)。参照:ロマンに満ちたシンポジウム「イスラーム研究の源流」

そんな折、新年1月3日の東京新聞(朝刊)の「こちら特報部」欄での
「憲法9条にノーベル賞を」という記事は衝撃的だ。
参照:日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください
「憲法9条」を金科玉条と確信してる筆者は「ガーン」と頭をたたかれた思いだった。

侃侃諤諤の国防論、自衛論。
しかし、戦後68年間、一度の戦争もなかったその根は憲法9条であるということに異論を唱える者はいないだろう。
前述、「カーブボールの愚」と併せ、「戦争への道防止」へのとどめだ。
最強のソフト・パワーだ。


記事にある実行委員は37歳の二児の母とのこと。Change.orgというネットを使って署名運動を行っているよし。早速連絡を取り、何ができるかの相談を開始した。

「なぜことば(英語)を学ぶのか? 異文化を理解するため。
なぜ、異文化を理解するのか? 世界平和のため。
頭記した、鳥飼玖美子氏のことばが響いてくる。

因みに、JACET(大学英語教育学会)の本年度総会(8月28-30日、於:広島市立大学)のテーマは:
Fostering English Communicative Competence for Peace and Friendship
「平和と友好をめざす英語コミュニケーション力の育成」だ。
参照:The JACET 53rd (2014) International Convention

■ 関連拙稿サイト
文中の、シャロン元イスラエル首相は1月11日、死去した(85歳)。(中東和平を日本主導で)
オスロで、オバマ大統領は「愚挙」についてどう語るのか?
中東和平に重大な握手〜オスロ合意20年
日本主導で「オスロ合意」再構築を
9/11に想う米大統領選
パレスチナ訪問記



« 【第56回】What is スジャータ? 〜 インド人がびっくり | Main | 【第58回】新年 〜 馬脚を表わさないように »

コメント

浜地さん、先日のジョージさんイベントではどうもありがとうございました。
イスラムという言葉の印象が変わりました。
考えてみると身近にも何名か知り合いのイスラムの方がいらっしゃるので彼らともまた暮らしについてお互いの意見交換してみたいと思います。
ありがとうございました!


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報