コラム・エッセイ View All Columns

国際ビジネス英語エッセイ

世界を舞台にビジネスの世界で活躍してきた筆者が、自らの体験を交えて知的に綴る、スペシャルエッセイ

【第48回】
E Pluribus Unumの勝利

2013年01月10日

am(午前)、pm(午後)、AD(紀元前)、PS(追伸)、CV(履歴書)。
これらの普段使いなれた「記号?」はラテン語だ。etc(et cetera)の「et」は「and」そして「cetera」は「他の」を意味する。status quoの「quo」は「of which」、つまり「the state of which = 現状」だ。

慣用表現としても、vice versa(逆に)、de facto(事実上)、ad hoc(臨機応変)等々ある。Quo vadis ? どこに行かれるのですか?(最後の晩餐でペトロがイエスに投げかけた問い)、Vox populi 民意(=天声人語)、Veni vidi vici 来た、見た、勝った(シーザー)など、実に深遠だ。

英語の語彙の70%はラテン語に由来していると言われており、ビジネスの言葉をちょっと拾ってみても、ambactus(ambassador)、computare(computer)、carre(car)、exportare (export)、importare(import)、negotiatio (negotiate)、と枚挙にいとまがない。お金(money)の語源Manetaとはローマ神話の主神Jupiterの妻Juno Monetaだ。当時のコインに彼女の頭部のデザインンが刻まれていたことから、英語に取り入れられた。vocare は「呼ぶ」。神から呼ばれての天職がvocation。英語の calling(天職)だ。

さて米国人なら誰でも知っていて、しかし、日本ではよほどの米国通にも知られてないのが、E Pluribus Unum 。 Eはfrom, PluribusはPlural複数、UnumはUni-/Unite/One。つまり "out of many, one"「多くからひとつ=多州からなる統一国家」の意味で、1955年までは米国の標語(motto)となっていた。それはアメリカ合州国の国璽(こくじ=Great Seal of the United States)にある白頭鷲(国の象徴)が咥えたリボンに書かれた文字だ。鷲は足で13枚の葉と実を持つオリーブと13本の矢を掴んでいる。頭上の星の数13個、胸の13本の縦線も建国13州を表わしている。その図柄は公式演説台、パスポート、一ドル紙幣や、25¢コイン(クォータ)にもある。

幕末に、日米和親条約の締結に尽力した中濱(ジョン)万次郎がこのE Pluribus Unumを日本に向けた最大のメッセージとし、これに坂本竜馬が大いに感化されたという記録もある。

オバマ オバマ オバマ
大統領の公式演説台 アメリカ合州国の国璽 25¢コインの裏


昨年の米大統領選を通じて民主党オバマ大統領が強調したのが「United」。
その勝利演説では「出自が何であろうと、黒であろうと白であろうと、
人種を問わず、貧富に関係なく、ゲイであろうとStraight(非同性愛者)であろうと、皆一丸となろう」として、United (States of America)と締めくくった。拍手喝采の根にはこのラテン語E Pluribus Unumに秘められた建国の思いがある。

一方、格差を認める主義を持つ共和党ロムニー候補には、この「United我々は一つだ」というアピールが欠けていたことが敗因とも言われている。

いよいよ新しい年。2013年1月21日、オバマ米大統領の新任期が始まる。

■ 関連拙稿サイト
「サンディ」の米大統領戦への影響
スターバックスコーヒーとジョン万次郎の意外な関係
2009年新年:「Orient(日が昇る)に思う」
2012年新年:「二面性のJanuary」

(社)日本在外企業協会 「グローバル経営」より転載・加筆



« 【第47回】Explosion = Exposure = 被ばく!? | Main | 【第49回】Pinchはチャンス »

コメント

浜地さんの言葉を通して歴史を掘り下げ、起きた事象の本質に迫ろうという姿勢すばらしいと思います。
同時に書かれたエッセイから知識のおすそ分けに預からせていただき、ちょっと利口になった、得した気分にさせて頂けます。
Quo vadisが最後の晩餐でペトロがイエスに投げかけた問であったのですね。恥ずかしながら知りませんでした。
E pluribus Unum-Out of many,one
成る程と思います。国論の割れた、体制変更必至の幕末、坂本竜馬やジョン万次郎が感化されたとの事、理解できます。
一人として同じ顔した人間が居ないように人の考えは多様、それでも根っこの部分は同じでしょう、皆一丸となりましょう、本当に其のとうり。皆でより良い明日のためにもう一度貧しかった戦後の初心に立ち返り力を合わせて頑張りましょう、浜地さんのエッセイを読みながらそんな思いが伝わってくるように思えます。


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報