コラム・エッセイ View All Columns

国際ビジネス英語エッセイ

世界を舞台にビジネスの世界で活躍してきた筆者が、自らの体験を交えて知的に綴る、スペシャルエッセイ

【第24回】
色々なParty

2010年11月01日

Tea PartyBoston Tea Party=ボストン茶会事件。

世界史で習ったところによると、イギリス政府の課した紅茶税金(Tea Act)に反発した市民が、1773年、ボストン港に停泊中の運搬船を襲撃、満載の茶箱を海中に投げ捨て、それが二年後の独立戦争の先駆けになったとある。
では、Tea Party=お茶会でもやったのか? 何だか腑に落ちない。そこで辞書を引くとParty にはとは「騒乱」「騒ぎ」という米語の意味があり、従い正しくは単に「紅茶事件」と訳すべきであろう。

さて、米国におけるビジネス活動で大事なのはパーティーである。Associationという「業界団体」は自主性を重んじた「職能協会」とも言うべきNPOで、それぞれの専門動向や技術の報告が行われる。時には「転社(転職でなく)」の相談コーナーまであるから、驚く。
 その数四千とも言われるこのAssociationの年次総会の後はParty=懇親会である。
大体、全米の観光地でのことゆえ、一種の慰安旅行でもあるから楽しいはずだが、両手にグラスと食べ物を持ち、音楽バンドなど雑踏(失礼)を背景に初対面のアメリカ人と「英会話」というのは我々には難しい。仕事の話は何とかこなすとして、日常生活、文化・芸術となると大変。

日本の手引書では、こういったPartyでは政治の話はタブーということになってるが、実際にはしばしばParty=政党の話がでる。 政策論争Argumentは適切ではないが、the Democratic Donkey and the Republican Elephant、つまり二大政党のシンボル、ロバか象かなどは常識として知っておいたほうがよい。
実際、二大政党の基本姿勢はビジネス上も重要な影響がありうるので、頭に叩き込まねばならない。
オバマ大統領が率いる民主党(Democratic Party)は 伝統的に「大きな政府」のスローガンのもと政府主導の政策を実践。
ブッシュの率いる共和党(Republican Party)は "GOP"(Grand Old Party)と愛称されるが、企業の自由活動を主軸に「小さな政府」を志向、従い減税・規制緩和を重視。
日本の民主党DPJ=Democratic Party of Japan,自民党LDP=Liberal Democratic Partyだ。

Partyはビジネス実務で重要な契約書にも登場する。
First PartyとSecond Partyという二つの「当事者」によって調印されるが、
Third Party(第三者)がWitness(証人)としてサインすることもある。
他方、製造業やIT業界ではまた別の意味がある。
First Party=メーカー。Second Party=系列、そしてThird Partyは「純正品」に相対する意味である。

メーカー(First Party)が本来行うべきこと(Core Competence)以外の製造・計算や、メンテナンスサービスなどは、技術の専門集団であるThird Party(時にはインドなど海外)にアウトソーシング(外注)されることが多い。

以上に見るごとく、一口にPartyといっても「懇親会」、「政党」、「当事者」、「騒ぎ」とあり、色々だ。因みにparty-coloredとは「色々」を意味する。

(社)日本在外企業協会 「グローバル経営」より転載・加筆

■ 関連サイト
アメリカを良く知るための一冊
NO 「マケイン・ペイリンTicket」



« 【第23回】ORANGEに学ぶ世界貿易 | Main | 【第25回】BATA -靴に見るグローバル経営― »

コメント

 歴史的なものから現代の産業における意味まで、幅広く楽しく学べました。このような単語の本があるといいですね。
 最近、反オバマのtea partyがアメリカで力をつけてきているようですが、次回、これについても解説いただければ幸いです。

浜地さんのご見識、さすがだと感心いしました。Partyには「政党」の意味もある為、「茶党事件」とも訳されていますが、これもしっくり来ませんでした。

しかし、浜地さんの解釈に重要な間違いが有ります。

それはこの事件が起こった1773年当時、アメリカで飲まれていたお茶は、実は緑茶中心なのです。

明治維新以後、政府は富国強兵のために輸出を振興し目をつけた商品は生糸とお茶でした。
その主な輸出国がアメリカで、その殆どは緑茶でした。
なんと、その頃のお茶の輸出は、インドより、中国より、日本からの輸出の方が多いことさえあったのです。

この詳細は省きますが、1870年代になっても緑茶が多かったのですから、この事件は「紅茶事件」ではなく、「お茶事件」と呼ぶのが正しいと考えます。^^;

party-colored,面白かったです。
つい最近行われた中学時代の
the same class partyは、気を許すと
すぐさま、ランチキ事件になりかねないです(下世話な話でごめんなさい)。
日本の民主党DPJ=Democratic Party of Japan,自民党LDP=Liberal Democratic Party・・・のように、政党の意味がある事は知りませんでした。

次回の記事も楽しみにしています。
      


堀田 信幸 さま、

>この事件は「紅茶事件」ではなく、「お茶事件」と呼ぶのが正しいと考えます。^^;

本当ですか!!
うれしいご指摘。


>この詳細は省きますが、

そんなことおっしゃらずに、ぜひぜひ、ご教示ください。

脇山真木 さま、

コメント感謝。

>反オバマのtea party

これについては、日米(および中東イスラム圏)を「体感」してきた私は強い主張を持っています。

お目にとまれば幸甚です。
http://www.janjanblog.com/archives/21437

何時も興味深く拝読させて頂いております。
今回の中間選挙のThe Tea partyは、単にボストン茶会事件とそれをもじった政党のparty
だと思っていましたが、この様にparty-colored(ふふふ)
な意味があるとは、ち~っとも知りませんでした。

浜地様

本当は持っている資料だけでもしっかり調べて書かせていただこうと思っていたのですが、資料を調べ始めるとはまってしまいそうで...^^;;

ちょっと記憶だけの書きなぐりで書かせていただきます。


記録上でヨーロッパに最初に渡ったお茶はオランダの東インド会社が平戸から持ち帰ったお茶と中国から持ち帰ったお茶で、当時は紅茶なんてものが有るはずも無く、完璧に緑茶です。
それも当時の日本では茶の湯が喫茶の中心ですから、「抹茶」でしょう。
それも石臼で挽いた抹茶ではなく、挽く前の「碾茶:てんちゃ」だと思われます。

紅茶自体はいつ始まったか良く判らないのですが、歴史としては200年くらいの歴史しかありません。

ものの本には「ヨーロッパは硬水で紅茶に合っていたので紅茶が好まれるようになった。」なんて書かれていますが、イギリスでもイングランドは硬水の地域ですが、スコットランドは軟水の地域です。
もし硬水で緑茶より紅茶が有っていたのなら、スコットランドは緑茶の文化圏になっていなければいけないのですが、そうはなりませんでした。

紅茶は醗酵茶といわれますが、紅茶の醗酵はお酒のような微生物による醗酵ではなく、お茶の葉自身が持っている酵素によるタンニン(カテキン類:ポリフェノー
ルの仲間)の酸化重合によって紅茶の成分(テアフラビン、テアルビジン類)が出来る反応です。

早い話、緑茶のタンニンが酸化したものが紅茶なわけで、酸化しなければ紅茶にはならず、茶葉の酸化は緑茶にとっては劣化ですが、紅茶にとっては、多くの場合、熟成です。
したがって緑茶の賞味期限が短いのに対して紅茶の賞味期限は非常に長く、1~2年では美味しくなっていく紅茶のほうが多いと感じています。

東インド会社は1~2年をかけてイギリス本国に帰っていますから、当時のヨーロッパには「美味しい紅茶」と、「不味い緑茶」しか有りませんでした。

この状況は今でもそんなに変わっていないと思いますけれど。^^;;

ということで当然ですが、東洋の神秘的な飲み物、「茶」はヨーロッパではだんだん不味い緑茶から美味しい紅茶に移っていったのです。

初めにヨーロッパが、そしてアメリカが紅茶に移って行きます。
そのアメリカが紅茶の文化圏に移るのは19世紀末です。

明治政府は富国強兵のため輸出を振興させますが工業はまだ立ち上がっておらず輸出の花形として目を付けられたのが、「生糸」と「お茶」でした。

なんと、明治の初めのお茶の輸出量は、インド、中国を押さえて日本が世界のトップだった時期もあるのです。
そしてその中心はアメリカの緑茶市場です。

しかし、イギリス人がインドのアッサムで作り始めた紅茶は、プランテーションによる大規模経営と、産業革命に支えられた高度な機械化によって世界のお茶の市場価格を破壊しスリランカで生産された紅茶とともに、完璧なまでに世界のお茶の市場を独占して行きます。

と言っても、アメリカもオーストラリアも当時(今もですよね。)はイギリスの文化圏ですからイギリスの文化圏で、イギリス人が、イギリス人好みのお茶を大量生産しただけの話なんですが。

という事で、明治の初めにはまだアメリカは緑茶が中心の国でした。
私の持っている19世紀末のアメリカの料理本でも紅茶のレシピと緑茶のレシピが半々くらいで出てきます。

この辺りとか、お茶の輸出量の変化などの裏を取ってから書きたかったのですがちょっと今は時間的に無理そうです。^^;;

インドで紅茶の生産が試験的に始まったのが1839年。
アッサムから出荷された紅茶(と言っても、これは今現在で言えば烏龍茶にあたります)が最初です。
そのアッサムでの紅茶生産はヨーロッパ人にとっては劣悪な環境であったために一時は失敗しかけ、その後、衛生管理などが出来るようになってやっと立ち上がり、世界を制して行きます。

そんなお茶の歴史を考えれば、ボストンティーパーティーのあった1773年12月16日には、アメリカは完璧に緑茶中心の世界だったはずです。


と、まぁ、大雑把な話はこういう話です。

資料を確認しながらの話ではなくて申しわけありません。
今書けるのはこれくらいですので、御勘弁を。m(_ _;)m

堀田 さま、

>ボストンティーパーティーのあった1773年12月16日には、アメリカは完璧に緑茶中心の世界だったはずです。

何という薀蓄!
我々が常識と思ってることが、実は違うーーー。

勉強になりました。

深謝。

昨日、早稲田大学政治経済学術院、白木三秀先生に
グローバル人材について種々ご教示をいただき、
その際、自らお手挽きのコーヒーを頂戴しました。

その後、留学センターのところで、偶然に「日本茶カフェ
(Green Tea Café)」の案内(1月18日)チラシを目にしました。

伊勢の中森製茶による「手もみ茶」会とのこと。

堀田さんの素晴らしいコメントが頭にやきついていたので、非常に
興味深い。

Café=コーヒーハウスであり、そこで緑茶、しかもそれを
ICC(国際交流)という場でやられるということです。

イギリスのCafé/コーヒーハウスについては
小林章夫先生(上智)のご著書に詳しいー。
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1594516
http://oxfordn.exblog.jp/9484209/
レバノン出身のユダヤ人ジェーコブズによって、1650年、オックスフォードに
イギリス最初のコーヒーハウスがオープンしたというのですから、すごい歴史!

本題の緑茶。
探してたら、こういう記述もありました:
・1689年オレンジ公ウイリアム3世(*注)とメアリー女王の代になり、東インド会社が福建省の厦門と直接の交易をはじめ、イギリスでの東洋趣味が一気に高まり、上流階級の家庭でも中国の急須や茶碗を買い求め、茶を飲むようになっていった。
・18世紀初め、アン女王は大の美食家で、朝食に必ず茶を飲み、宮廷では茶会を楽しみ、一日中何度も茶を飲んだと言われている。
(Royal Weddingも近いし、興味深いことです)

因みに、コーヒーは、アラビア語ではqahwaガフワ。エチオピアではKaffa(Kaldiチェーン店)、
それからトルコ、イタリアからヨーロッパに移っていったと、ものの本にはあります。
お茶は中東ではChaiをはじめ、世界語ですね。

早稲田大学の「Green Tea Cafe」はこれですね。
http://www.waseda-icc.jp/?p=4484

早稲田大学もいいことをしますねぇ。

以前のコメントにも書かせていただきましたが今だにヨーロッパ人は日本の煎茶ほどの美味しい緑茶を飲んだことがありません。
ぜひとも世界に誇る日本の緑茶を留学生の皆さんにも知っていただきたいものです。

イギリスのものとされているアフタヌーンティー。
そのアフタヌーンティーのルーツが日本の茶の湯にあるということはご存知でしょうか?

> ・1689年オレンジ公ウイリアム3世(*注)とメアリー女王の代になり、東インド会社が福建省の
> 厦門と直接の交易をはじめ、イギリスでの東洋趣味が一気に高まり、
> 上流階級の家庭でも中国の急須や茶碗を買い求め、茶を飲むようになっていった。
> ・18世紀初め、アン女王は大の美食家で、朝食に必ず茶を飲み、宮廷では茶会を楽しみ、
> 一日中何度も茶を飲んだと言われている。

そもそも、その東洋趣味とは、何に対する憧れだったのか?

シルクロードを通っていたごく一部の商人のほかでお茶を始めて飲んだヨーロッパ人はポルトガルをはじめとする宣教師たちです。

たとえば通辞として30年も日本に滞在したジョアン・ロドリゲスは、「日本教会史」で日本の茶の湯を紹介していますが、実に数章にわたって詳しく紹介しているのです。

時は信長の時代、接待外交はもちろん茶室。ヨーロッパ人にしてみれば最強の暴君の信長が自ら調理し(茶を点てて)一介の宣教師に頭を下げて差し出す。
ヨーロッパでは考えられません。国王陛下が自ら調理して家臣に頭を下げて差し出すなどいう事は有り得ない!

その茶碗は欠けて継ぎ接ぎ(金継ぎ)だらけ。
ヨーロッパ人には鳥の水飲み茶碗にしか見えない茶碗にイエズス会の日本教会の予算以上の値段がつく。その価値観の違い。

当時のヨーロッパでは焼いた肉を手づかみで食べていました。手づかみですよ!
でも、茶の湯では芸術的な懐石料理を完璧な作法の元に華麗に食す。


当時のヨーロッパと日本では文化のレベルは親子ほど違っていたのです。

日本人がヨーロッパ人を「南から来た蛮人:南蛮人」と呼んだのには、ちゃんと訳けがあるのです。

武家の社会に深く根付いていた茶の湯。信長が重んじた茶の湯。時の実権は完璧に信長にありましたから、信長に取り入って布教をはかったイエズス会にとっては茶の湯は欠かすことが出来ない存在でした。
だからイエズス会の日本教会には茶室が存在し、宣教師たち自らが茶の湯をしていたんですよ。

茶の湯だけへの憧れでは有りません。
世界の銀の1/3は石見鉱山に有ったわけですから、日本は世界的にも経済大国でした。
当時のアジアは文化的にも経済的にも世界の中心だったことは間違いありません。
その辺りの憧れが東洋趣味の原点ですね。


だから1609年、最初のオランダ東インド会社の船が日本にやってきた時に「日本でお茶を買って来い。」と命令され、それがヨーロッパにお茶が渡った最初の公式記録となります。

アフタヌーンティーの作法には、驚くほど茶の湯と共通のマナーがあります。
それも茶の湯への憧れから来ているとすれば当然のことと理解ができます。

それだけでなく、「イギリスのジェントリーの文化の元となったのは日本の茶の湯だ。」と主張されているのが元和歌山大学学長で、イギリス経済史がご専門の角山榮先生です。

その角山先生のご講演が、くしくも「Green Tea Cafe」と同じ、1月18日に開かれた。
http://homeikai.web.fc2.com/sub/2011/20110118a.pdf

というのも奇遇ですね。^^;;


コメントを書く


名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 

最近の記事

コメント

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

世界最大規模のタイトル数を擁するペンギンリーダーズ。

多読授業をはじめ、英語副教材として、図書館用蔵書として、また純粋に英語での読書を楽しみたい方にも、ペンギンリーダーズならではの豊富なラインナップでそのニーズにお応えします。

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

生徒を世界デビューさせる一冊を、あなたのワンクリックで

英語教材のオンラインショップ「ELTBOOKS」 : 各種リーダーズと教材を割引価格で

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

質の高い、外国人英語講師を雇いたいなら…

日本在住の外国人英語教師のためのサイト「ELT News」の求人広告をご活用ください。ELTBOOKS.comのお客様は、求人広告欄が1ヶ月間無料

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞。

月々たった3,665円(一日相当約122円)の日刊英字新聞

最新ニュースを英語でチェックすれば、日常生活&ビジネスに役立つ英語力がグンッとアップ!

 
 

イベント情報